病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ その他の病気 ≫ 胃がんの術後補助化学療法|胃がん手術後の抗がん剤治療で生存率アップ!

胃がんの術後補助化学療法|胃がん手術後の抗がん剤治療で生存率アップ!

胃がんの手術を行った後に、抗がん剤治療を行うことがあります。
一般的に胃がんの手術は、胃がんのステージ(進行度)が
Ⅱ期・Ⅲ期の場合に行うのですが、手術で胃がんを
すべて切除しても、肉眼では見えないほどの小さな癌が
身体の中に残っていることがあります。

この残ったガンが、がんの再発の原因になるため、
再発予防のために、手術後に抗がん剤を使う
「術後補助化学療法」が行われています。

実際に、手術後に抗がん剤を使うことにより、
生存率もアップしています。

「S-1」という抗がん剤を手術後に1年間飲んだ場合、
手術のみだった場合の3年生存率が約70%だったのに対し、
「S-1」を飲んだ場合は約80%にまで上昇したという
報告があります。

「S-1」は、手術後に4週間服用し、その後2週間休む、
というサイクルを、1年間続けます。
「S-1」は飲み薬なので、通院で治療を続けることができます。

ただし、抗がん剤は、がん細胞だけでなく、
正常な細胞まで攻撃するため、どうしても副作用が現れます。

S-1の主な副作用は下記のとおりです。
・下痢
・吐き気
・口内炎
・白血球の減少
・顔や手足などが黒ずむ色素沈着
・目の症状

一般的にS-1の副作用はそれほど重くありませんが、
症状の強さは人によって異なります。

また、白血球の減少については、自覚症状が伴わず、
場合によっては命にかかわることもあるため、
S-1治療中は定期的に血液検査を受ける必要があります。

顔や手足などの色素沈着は、S-1の服用が終われば
自然に薄くなって、治まります。

さらに吐き気については、「制吐剤」により、
症状のコントロールも可能です。

副作用をコントロールすることにより、S-1治療を続ければ、
3年後の生存率アップという治療効果が期待できます。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.