大腸がんとは

大腸がんは、大腸のどこ(結腸・直腸・肛門)で出来たか、
深達度合(がんが大腸壁にどれくらい浸潤しているか)、
ガンの形態によって種類が分けられています。

日本人ではS状結腸と直腸が大腸がんのできやすい部位です。

また、がんが進行して、大腸の粘膜下層より
深く湿潤しているものを進行がん、
留まっているものを早期がんとよびます。

年齢別にみた大腸がんの罹患(りかん)率は
50歳代付近から増加し始め、高齢になるほど高くなります。

しかし、生存率が比較的高いガンです。
それは、大腸がんは早い時期に発見すれば、
内視鏡的切除や外科療法により完全に
治すことができるからです。

少しガンが進んでも、手術可能な時期であれば、
肝臓や肺へ転移しても、手術により完全治癒が望める、
外科療法が大変効果的です。

ですが、もちろん発見が遅れれば
切除が困難な転移が起こりますので、
特に早期発見が重要なガンともいえます。

日本で大腸がんに罹患する方は、
年々増える傾向にあります。
これは、食の欧米化に最も
大きな原因があるといわれています。

大腸がんでは、血のつながった家族に大腸がんの人がいると
大腸がんになりやすいという、家族歴のリスクがあります。

また、肥満で結腸がんリスクが高くなることが
確実とされています。
そのほかにも、飲酒や加工肉
(ベーコン、ハム、ソーセージなど)は、
おそらく確実な大腸がんリスクであろうと
言われています。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:大腸がん 大腸ガン 大腸癌 大腸癌の生存率 内視鏡切除 ガンの早期発見 結腸 直腸 
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.