病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ その他の病気 ≫ 狭心症、心筋梗塞の検査方法とその内容

狭心症、心筋梗塞の検査方法とその内容

狭心症や心筋梗塞の症状が現れたら、
http://kininarushoujou.blog74.fc2.com/blog-entry-88.html
すぐに医療機関を受診し、検査を受けます。

検査には、下記のような項目があります。


◎問診

いつ、どんな状況で、どんな発作が起こったのか、
発作の強さや発作の時間、冷や汗をかいたかどうか、
狭心症を抑える薬を飲んだ場合は薬の効き具合などを
詳しく聞かれます。


◎心電図

心臓が拍動するたびに発する電気信号をとらえて、
波形に描きだします。
血流の悪い部分があると、波形に変化が現れます。


◎血液検査

糖尿病や、脂質異常症などの有無を調べます。
これらの病気は、動脈硬化を促進します。

また、心筋梗塞が起こると心筋が壊死しますが、
壊死した心筋の細胞から酵素が血液中にながれでるので、
その有無も調べます。


◎心エコー

機械をあてて心臓に向かって超音波を出し、
心臓の動きをモニターに映し出します。
エコーは胎児検診にも使われる機械で、痛みは全くありません。

血流が悪いところがあると、その周辺の心臓の
動きが悪くなるので、分かります。


◎運動負荷心電図

「エルゴメータ」と呼ばれる、エアロバイクのような
運動をしながら心電図を記録する検査方法です。

運動をしたときに、心臓にどのような変化が表れるのかを観察します。


◎携帯型心電図(ホルター心電図)

小型の心電図記録装置を身につけ、普段の生活で
心電図を記録する方法です。

狭心症では、発作が起こった時の心電図をとることが
診断に非常に役立ちますが、症状が起こらない時にも
診断に役立つ変化がないかどうかを調べることが出来ます。


《更に詳しく調べるための検査》

◎CT検査

CTとは、コンピュータ断層撮影の略で、
X線を使って身体の断面を撮影する検査のことです。

冠動脈の状態を正確にとらえることができ、
狭窄(狭まっていること)している部分の位置が
分かります。

※冠動脈とは、心臓の周りを走行している血管で、
 心臓の細胞に酸素や栄養を与えている血管のことです。

ただし、冠動脈の血管壁で、動脈硬化の最終段階である
石灰化が起こっているとうまく画像化されないため、
診断が難しくなります。


◎カテーテル検査

カテーテルとは、医療用に用いられる柔らかい管のことです。
太さはボールペンの芯くらいです。

このカテーテルを、手首か脚の付け根の血管から冠動脈まで
送って造影剤を注入してエックス線検査をします。
この検査により、血液の状態が分かります。

カテーテル検査は、最終的な診断のために重要です。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.