病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ その他の病気 ≫ 緑内障の治療法 ~正しく点眼できていますか?~

緑内障の治療法 ~正しく点眼できていますか?~

眼圧が上がり、視神経が障害されて視野が狭くなり、
最悪の場合には失明してしまう緑内障の治療は、
主に目薬を使って、眼圧を下げます。

たかが目薬、されど目薬。

正しい方法と回数でさせていますか?


◆正しい点眼のポイント

◎1回に1滴だけ

緑内障の治療のための目薬の適量は、1回につき1滴です。
1回に2滴以上点眼すると、目薬が目からあふれたり、
鼻からのどへと流れてしまいます。

「β遮断薬」という種類の目薬を使用していた場合、
のどに入ってしまうと、ぜんそくの発作を起こしたり、
血圧や心拍数が低下したりする副作用を起こすことがあり、
大変危険です。


◎目をパチパチさせない

点眼した後に目をパチパチさせる人、結構いらっしゃるのですが、
パチパチさせると目からあふれたり、鼻からのどへと
流れてしまうことがあります。

先に述べたとおり、薬によっては大変危険です。

点眼後5分間は目を閉じて目頭を押さえて、
薬の成分をよく浸透させるようにしましょう。


◎複数の目薬をさすときは、間隔を5分以上あける
目薬を差した直後に別の目薬を差すと、
最初の目薬が目に浸透する前に押し流されてしまいます。
前述したように、目薬の種類によっては、
身体に害を与えかねません。

上記で示したとおり、目薬をさしたら5分間は目を閉じて、
目頭を押さえて成分を十分に浸透させてから、
次の目薬を差すようにしましょう。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.