病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ その他の病気 ≫ 白内障の手術で”見え方”を選択! 近視、遠視、乱視が改善!

白内障の手術で”見え方”を選択! 近視、遠視、乱視が改善!

白内障は、目の中でレンズの役割をしている
「水晶体」が濁って、よく見えなくなる病気です。
主に加齢により発症します。

白内障になると、目の中に入った光がきちんと像を
結ばなくなるので、ものが見えづらくなります。
白内障が進行すると、手術をすることになります。

白内障の手術では、混濁した水晶体を細かく砕いて
吸引して取り除き、その後に「眼内レンズ」という
人工のレンズを入れます。

この眼内レンズは、ちょうどコンタクトレンズのように、
度数を選ぶことができます。
そのため、眼内レンズの度数を調整する事で、
白内障の手術後の近視や遠視の度数を加減できるのです。

例えば、仕事で車の運転をするので遠くをはっきり見たい、とか、
逆に、仕事でパソコンを使うので近くをはっきり見たい、など
見え方の要望に合わせた度数を選択できるのです。

ただし、白内障の手術を受ける方は高齢者がほとんどで、
基本的に遠視が進んだ状態ですので、
メガネなしの生活というのは、残念ながら難しいでしょう。

眼内レンズには、次の2種類があります。


◇単焦点レンズ
ピントの合う距離が1ヶ所だけのレンズです。

遠くにピントが合うレンズを選んだ場合には、
近くを見るときにメガネが必要になります。

逆に、近くにピントが合うレンズを選んだ場合には、
遠くを見るときにメガネが必要になります。

どちらを選んでも、眼鏡が必要になりますが、
単焦点レンズには、物が鮮明に見えるという
大きな長所があります。
また、乱視を矯正することもできます。

単焦点レンズには、健康保険が適用されることも
大きなポイントです。


◇多焦点レンズ
多焦点レンズは、ピントが合う距離が、
遠くと近くの2ヶ所にある、遠近両用のレンズです。
遠くでも近くでもある程度焦点が合うので、
メガネを使う頻度がかなり減るというメリットがあります。

一方、単焦点レンズに比べると物の見え方が鮮明でないこと、
人によっては物が不自然に見えること、
健康保険が適用されないので、全額自己負担になること、
などのデメリットもあります。

また、緑内障や眼底出血が起こると、
その治療の障害になるというデメリットもあります。


◇新しい”見え方”の選択 「モノビジョン法」

「モノビジョン法」という選択もあります。
これは、単焦点レンズの応用技です。

単焦点レンズを入れる場合、普通は左右の目に同じ度数の
レンズを入れますが、これを、左右で度数の異なるレンズを入れます。

利き手と同じように、目にも利き目がありますが、
利き目側は遠くに、反対の目には近くにピントの合う
単焦点レンズを入れます。

これにより、遠くのものは利き目で見て、近くのものは
非効き目で見て、メガネなして遠くも近くもよく見えるようになります。

モノビジョン法の利点は、単焦点レンズを使用するので
健康保険が適用されることです。

ただし、今の段階では手術を受けられる医療機関が
限られていること、また、立体視がある程度ないとできなかったり、
あまり高齢すぎてもできないなど、制約もあります。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.