病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ その他の病気 ≫ 片頭痛は克服できる! 特効薬があることをご存知ですか?

片頭痛は克服できる! 特効薬があることをご存知ですか?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
片頭痛は、寝込むほど痛かったり、動くと痛みが増したりして
日常生活に支障をきたして困っている方が多い頭痛です。

でも、片頭痛には特効薬があることをご存知ですか?
「トリプタン」という薬は、片頭痛に対してとても効果があるのです。
この薬は医療機関で処方してもらわなければなりません。

ところで、特に原因もないのに繰り返し起こる
慢性頭痛には、片頭痛と緊張型頭痛の
2種類があることはご存知でしたか?

「トリプタン」は片頭痛には効きますが、
緊張型頭痛には効きません。
一方、市販の鎮痛薬は片頭痛には効きません。

「頭痛は治せる! 頭痛のタイプを知って、適切な治療を」
http://kininarushoujou.blog74.fc2.com/blog-entry-79.html
にもこれら2つの頭痛の見分け方をご紹介していますが、
「トリプタン」は医師から処方されなければ購入できませんので、
ご自分の頭痛が片頭痛だと思われる方は、
医療機関を受診されてはいかがでしょうか。


片頭痛の起こる仕組みはよく分かってはいないのですが、
脳や髄膜にある血管にはしっている痛みを感じる神経が、
何らかの原因で興奮して、その影響で血管に炎症が起こったり、
血管が広がって脈打つような頭痛が起こると考えられています。

トリプタンは、この血管の炎症や拡張を抑える働きをもっています。

トリプタンの効果を上げるには、使うタイミングが重要です。
痛みが始まったときに使うと、最も効果的です。
頭を振るなど少しの刺激で頭痛を感じる”片頭痛の始まり”に
トリプタンを使うと最も効きます。

片頭痛には、ぎざぎざした光が見える、など
前兆がある方もいますが、前兆が起こったときに使っても、
残念ながら痛くなってきたときに効かないことがあります。

また、痛みが強くなってから使っても、
痛みは弱まりますが、完全には消えず、
頭痛がだらだら続いてしまうことがあります。

片頭痛がある方は、トリプタンを常に持ち歩き、
痛みはじめに確実に飲むようにすると、
生活の質が劇的に向上します。

また、トリプタンには、錠剤、点鼻薬、注射の3種類があるので、
状態に応じて使い分けることもできます。

・錠剤…服用後、30分くらいで効果が現れます。
 現在7種類があり、水がなくても服用できるタイプは、
 電車の中や会議中などに片頭痛が起こった場合でも使えます。

・点鼻薬…器具を鼻に当てて、鼻から薬を吸い込みます。
 吐き気が強いときに便利です。
 飲み薬より吸収が早く、15分ほどで効果が現れます。

・注射…自分で太ももや腕などに注射します。
 吐き気が強いときや、痛みが激しいときに使います。
 点鼻薬よりもさらに吸収が早く、5分程度で効き始めます。
 
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。