腰痛対策

腰痛のつらい痛みを軽減するには、
いくつかの方法があります。
腰痛ベルトやコルセットについては、
すでに書きましたので、
そのほかの方法についてご紹介いたしましょう。

家庭でも簡単に出来る腰痛対策の一つに、
体操があります。
毎日、腰痛を改善する身体の動きをすることで、
痛みを緩和することが出来ます。

そこで、簡単に出来る腰痛体操をご紹介しましょう。

ひとつめは、腹筋を鍛えるための体操です。

まず、あおむきの状況に寝ます。
手はお腹の上に軽くのせて両ヒザを立て、
おへそを見るようなつもりで上体を起こしながら
息を吐いていきましょう。
床と頭が20センチくらい離れるのがベストですが、
無理は禁物です。
おヘソが見えたら2~5秒止まり、
ゆっくりと上体を元に戻します。
簡単な体操ですが、意外と腹筋にききます。

次は、背筋とお尻の筋肉を鍛える体操です。

こちらもまずは仰向けに寝ます。
両足を伸ばしひざを伸ばした状態で
片一方の足をゆっくりと上げ下げします。
こちらも無理は禁物ですが、
10~20回を目標にしましょう。
片足が終わったら、もう一方も同じように行います。

腰痛体操の途中に痛みを感じたり、
後から痛くなってきたら、直ちに体操をやめましょう。
無理をすると逆効果になることがあります。

腰痛体操を紹介する本やネットサイト等もありますが、
各自に合った体操を、正しい方法で行うことが
大切なので、できれば整形外科付属の
リハビリ教室などで指導を受けた方が安心です。



手軽に出来る腰痛対策としては、ツボ押しもお勧めです。
特に、筋肉疲労が原因の腰痛には効果的ですので、
試してみてはいかがでしょうか。

腰腿点(ようたいてん):
手の甲の人さし指と中指の間、
そして小指と薬指の間を起点に上にラインを描き、
骨が交わるところにあります。
骨の部分に指先を食い込ませる感じで
ゆっくり押してください。

大腸兪(だいちょうゆ):
ウエストの辺りにあり、背骨から左右外側に
指2本分のところにあります。
親指の腹を垂直にゆっくり押し、
ゆっくり力を抜くのを数回繰り返します。

委中(いちゅう):
膝の裏の中央にあります。親指で押します。
腰痛の他にも、、坐骨神経痛、膝痛に効果があります。

ツボ押しは、寝る前に行うのが一番効果と
いわれていますので、一度試してみてください。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:腰痛の辛い痛み 腰痛対策 腰痛ベルト 腰痛用コルセット 腹筋を鍛える ツボ押しの方法 腰腿点 大腸兪 委中 
| 腰痛 | 編集 |
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.