白内障の手術と、術後の注意点

白内障の治療は、最初のうちは目薬をさすだけです。
しかし、この目薬(点眼薬)は治療するのではなく、
白内障の進行を遅らせる効果しかないため、
根本的に治療をするには、手術しかありません。

症状が進行して視野が白っぽくかすんで見えにくくなり、
日常生活に不便を感じるようになったら
白内障の手術を検討します。

ただし、それほど生活に支障のない初期の段階でも、
緑内障やぶどう膜炎という病気を併発する恐れが
ある場合は、早い段階で手術をすることもあります。

白内障の手術では、点眼薬で麻酔をした後、
角膜を3mmほど切開します。
そこに治療器具を差し込み、超音波をつかって、
濁った水晶体を砕いてから、吸引して取り除きます。

「眼内レンズ」という水晶体のかわりの働きをする
レンズを入れて、固定します。

手術自体は十数分で終わり、日帰りでも出来ます。
ただし、他に目の病気があったり、
手術に影響のある持病があったり、
翌日、翌々日と続く手術後の検査に通うのが
困難な方などは入院の上、手術をすることもあります。

術後の検査は通常、翌日、3日目、5日目、
1週間後、2週間後、1カ月後となります。

家事やデスクワークなどの軽い仕事は、
手術の翌日からできます。

シャワーも翌日から浴びることが出来ますが、
入浴や洗顔、軽い運動などは1週間程度は控えましょう。

白内障の手術の後、視力が回復し眼の状態が安定するには、
1週間から1カ月はかかります。
回復には個人差がありますが、目の状態が安定するまでは、
仕事をされている人でも、できれば1週間前後は
お休みできるように手配しておいた方がいいでしょう。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.