病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ その他の病気 ≫ 白内障の原因と症状、検査内容について

白内障の原因と症状、検査内容について

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
白内障は、加齢によって起こる代表的な病気です。
80歳代では、ほとんどの人が発症するといわれています。

目の中には「水晶体」という組織があります。
光はこの「水晶体」を通ることによって
ピントを合わせられます。

「水晶体」は本来は透明なのですが、
何らかの原因によって「水晶体」が濁ってしまうと、
目に入ってきた光が散乱してピントが合わなくなり、
物がかすんで見えるようになります。
これが「白内障」です。

白内障の原因の90%以上は加齢であり、
50代後半から発症が増えます。

目の老化は老眼から始まり、
乱視、そして白内障へと進みます。
つまり、目の老化の最終段階が
白内障というわけです。

老化以外の白内障の原因には、
アトピー性皮膚炎や糖尿病などの合併症があります。
うまれつき白内障の人や、抗がん剤やステロイド薬の
副作用として白内障を発症する人もいます。

白内障になると、視野が白っぽくかすんで、
メガネをかけても良く見えるようにならなくなります。
このような症状が現れたら、白内障の検査をしましょう。

白内障の検査では、まず、実際にどのくらい
見えているのか調べるため、普通の視力検査を行います。

次に、細隙灯顕微鏡検査とよばれる検査を行います。
これは、顔をあごあてにのせた患者さんの目に光を当て、
拡大像を写し出して調べる検査方法です。
眼科の検査方法としては一般的なもので、
通常、診察のたびに行う検査なので、
「ああ、あの検査ね」と思う方も多いでしょう。

その他に、緑内障や糖尿病網膜症の有無を確認するため、
網膜や視神経の状態を調べる「眼底検査」や、
眼球の内側にかかる圧力の程度を調べる「眼圧検査」を
行います。

点眼薬で麻酔をしてから行うこともありますが、
どちらの検査も数分で終わり、痛みもありません。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。