アルツハイマー病に使える薬

アルツハイマー病に使える薬は3種類ありますが、
残念ながらどの薬も”治療”する薬ではなく、
進行を遅らせる働きを持つ薬です。

そのため、アルツハイマー病の治療では、
できるだけ早く薬を使い始めることが大切です。

早期から使い始めれば、病気の進行を遅らせるだけでなく、
一時的に症状を軽くすることも期待できます。
しかし、病気が進行して、脳の神経細胞がどんどん
死滅してしまうと、効果があまり期待できなくなってしまいます。


《アルツハイマーで使用できる薬》

■ドネペジル(治療薬名:アリセプト)
2011年以前までは、日本で使用できる唯一の治療薬でした。
初期の段階から使用できます。

脳は情報を伝えるとき、神経細胞から「アセチルコリン」という物質を出し、
それを次の神経細胞が受け取って情報が伝わっていきます。
このとき、実はアセチルコリンを分解する酵素も出て、
最終的にアセチルコリンは分解され、一連の情報伝達が終了します。

アルツハイマー病では神経細胞の数が減り、
アセチルコリンも減って、情報を伝える機能が低下します。
ドネペジルはアセチルコリンを分解する酵素にくっつき、
その働きを抑えることでアセチルコリンが分解されにくくします。
この働きによって、アルツハイマー病の進行が遅くなるのです。

しかし病気が進行するにつれ、神経細胞が減り、
アセチルコリンが減ってくると、
ドネペジルの効果が現れにくくなってきます。
また、ドネペジルには、吐き気や下痢などの副作用もあります。


■ガランタミン(治療薬名:レミニール)
ドネペジルと同じような働きをする薬で、
初期の段階から使用できます。
ドネペジルより作用が強いといわれています。


■メマンチン(治療薬名:メマリー)
メマンチンはアルツハイマー病が中程度以上に
進行した段階から使用される薬です。
ドネペジルやガランタミン、リバスチグミンとは
作用が異なるため、併用での効果が期待できます。

神経細胞は、興奮したときに「グルタミン酸」を出しますが、
グルタミン酸が増えると神経細胞が過剰に刺激され、
神経細胞が減ったり、機能が低下したりします。
は神経細胞がグルタミン酸を受け取らないように
”ふた”をすることにより、神経細胞が減るのを防ぐ働きをします。

重篤な副作用は報告されていませんが、
頭痛やめまいが起こることがあります。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.