うつ病とはこのような病気です

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
うつ病は、「心の風邪」とも言われ、
日本人の5人に1人が一生のうちに
一度は経験するといわれている病気です。

かつては「心の病」というと、一部の人がかかるもの
という印象が強く、うつ症状があっても
なかなか受診しない方が多かったのですが、
最近では誰でもかかる可能性のある病気ということが広く伝わり、
以前より気軽に受診する方が多くなったのは良い傾向です。

うつ病の原因は、脳の中の神経の伝達が
うまくいかなくなるなどの機能の異状によるものです。
「心の弱さ」や「怠け病」「気の持ちようで治る」病気ではないのです。
普通の病気と同様、きちんと医師の診察を受け、
適切な治療を受ければ治る病気です。

一生のうちには誰でも、様々な出来事や悩みで
気持ちが落ち込んだり、憂鬱な気分になったりすることがあります。
しかし、多くの人は、原因が解決したり、
たとえ解決しなくても、気分転換をしたり、
時間の経過とともに自然に以前の状態に戻ります。

しかし、原因が解決しても、
またはこれといった原因がないのに気分が憂鬱なままで、
普段どおりの生活を送るのが難しい状態になることがあります。

これがうつ病です。

うつ病には、精神症状と身体症状の2つが見られます。

精神症状は、憂うつ感、気持ちの落ち込み、
無気力・無関心・無感動、強い疲労感、
集中力・判断力・思考力の低下、不安、焦りなどがあります。

身体症状には、眠れない、疲れやすい、
食欲・性欲の低下などがあります。

うつ病には軽症から重症まで様々な段階がありますが、
いずれにしても人間の持つ精神機能・身体機能が低下した状態です。

うつ病になると、ほとんどの人が死への思いを持ちます。
実行されてしまうと取り返しのつかないことになってしまうので、
言葉かけなども慎重に接することが大切です。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。