病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 悪性リンパ腫 ≫ 悪性リンパ腫の、腫瘍組織の違いによる治療法の違い

悪性リンパ腫の、腫瘍組織の違いによる治療法の違い

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
悪性リンパ腫は、大きく2つに分けられます。
Hodgkin(ホジキン)病と、非Hodgkin(ホジキン)リンパ腫です。

日本では、ホジキン病の発生は少なく、
大多数が非ホジキンリンパ腫です。

ホジキン病は、次の4種に分類されます。
・リンパ球優位型
・混合細胞型
・リンパ球減少型
・結節硬化型

ホジキン病は、ほぼ例外なくリンパ節、特に首の部分に発症し、
隣り合ったリンパ節を次々と侵していきます。

一方、非ホジキンリンパ腫は、次の2つに大別されます。
・Bリンパ腫
・Tリンパ腫

非ホジキンリンパ腫の場合は、リンパ節で発症することが多いですが、
半数近くがリンパ節以外の臓器に発生します。
また、血管を通って離れた臓器にも転移します。

悪性リンパ腫の治療は主に化学療法と放射線療法が
行われるのですが、上記のとおり、
発生部位や転移が異なるので、
異なる治療方針が採られます。

また、悪性リンパ腫の進行状況でも、
治療方針は異なってきます。

ホジキン病で、Ⅰ期、Ⅱ期の場合には、
放射線療法が行われます。
Ⅲ・Ⅳ期に対しては、化学療法が行われます。

非ホジキンリンパ腫では、化学療法を主に行い、
必要に応じて放射線の局所照射を実施します。

病気の分類と、それぞれの生存率は、
下記をご参照ください。

http://kininarushoujou.blog74.fc2.com/blog-entry-32.html
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。