病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 悪性リンパ腫 ≫ 悪性リンパ腫の抗がん剤治療の副作用|治療法別副作用一覧

悪性リンパ腫の抗がん剤治療の副作用|治療法別副作用一覧

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
悪性リンパ腫は、通常比較的ゆっくりと発症し、
リンパ節のしこり以外は自覚症状がほとんどないことが多いため、
治療が開始されると副作用が急にあらわれるので、
医療への不信感が生まれがちです。

しかし、悪性リンパ腫は治癒率が高いので、
何とかがんばって乗り切ってほしいものです。
少しでも不安なことがあれば、担当医や看護師に相談し、
不安を取り除くだけでも、辛さが違ってきます。

抗がん剤治療により、なぜ副作用が生じるのかといいますと、
抗がん剤はガン細胞を死滅させる効果があるのですが、
がん細胞だけでなく、正常な細胞まで攻撃してしまうからなのです。

血液を作る働きがある造血細胞がダメージを受けると、
赤血球が作られなくなるため、貧血になります。
また、白血球の生成も影響を受けるため、
感染症にかかりやすくなります。

また、消化器の粘膜が破壊されることにより、
食欲不振や吐き気、便秘や下痢などの副作用も起こります。

下記に、悪性リンパ腫に用いられる抗がん剤と、
その副作用について載せておきますので、
ご参考になさってください。

最も重要なのは、悪性リンパ腫の患者さんの死亡原因で
最も多いのは悪性リンパ腫そのものによるものですが、
2番目に多い原因は、感染症によるものです。

抗がん剤の治療により、どうしても感染症にかかりやすくなります。
手洗いの徹底や、しっかり睡眠をとり、バランスの良い食事をとるなど、
感染症にかからないような努力が大切です。


《悪性リンパ腫の化学療法と副作用》

1.Hodgkin病

COPP療法
 シクロホスファミド…悪心・嘔吐、脱毛、骨髄抑制、心毒性、肺毒性、
             過敏症、出血性膀胱炎
 ビンクリスチン…脱毛、骨髄抑制、神経毒性、イレウス
 プロカルバジン…悪心・嘔吐、骨髄抑制、肺毒性、神経毒性、過敏症
 プレドニゾロン…胃潰瘍、糖尿病

ABVD療法
 アドリアマイシン…悪心・嘔吐、口内炎、脱毛、骨髄抑制、心毒性、過敏症
 ブレオマイシン…口内炎、脱毛、肺毒性、過敏症、発熱
 ビンブラスチン…骨髄抑制、神経毒性
 ダカルバジン…悪心・嘔吐、骨髄抑制

2.非Hodgkinリンパ腫

CHOP療法
 シクロホスファミド…悪心・嘔吐、脱毛、骨髄抑制、心毒性、肺毒性、
             過敏症、出血性膀胱炎
 アドリアマイシン…悪心・嘔吐、口内炎、脱毛、骨髄抑制、心毒性、過敏症
 ビンクリスチン…脱毛、骨髄抑制、神経毒性、イレウス
 プレドニゾロン…胃潰瘍、糖尿病

MACOP-B療法
 メトトレキサート…悪心・嘔吐、口内炎、脱毛、骨髄抑制、心毒性、
            神経毒性、過敏症
 アドリアマイシン…悪心・嘔吐、口内炎、脱毛、骨髄抑制、心毒性、過敏症
 シクロホスファミド…悪心・嘔吐、脱毛、骨髄抑制、心毒性、肺毒性、
             過敏症、出血性膀胱炎
 ビンクリスチン…脱毛、骨髄抑制、神経毒性、イレウス
 プレドニゾロン…胃潰瘍、糖尿病
 ブレオマイシン…口内炎、脱毛、肺毒性、過敏症、発熱
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。