ドライアイ タイプ別治療法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
ドライアイで悩んでいる人は多く、特に事務系の仕事の方の30%、
コンタクトをしている方の40%がドライアイとも言われています。

ドライアイの症状は、「目が乾く」と感じる人は意外と少なく、
目が疲れる、なんとなく目に違和感がある、目が重い、
夕方になると目がかすんでくる、充血、しみる、
ヒリヒリする、など、様々な症状があります。

というのは、ドライアイは文字通り『涙の量が足りなくなり目が乾く』
だけではなく、涙の質や成分が変化するなどして
目の表面のバランスが崩れ、目に傷などを生ずることもある
目の病気だからです。

ドライアイの原因は、長時間のパソコン作業やテレビ.ゲームの視聴、
コンタクトレンズの装用などのほか、レーシックなどの近視矯正手術、
涙の質、加齢と共に減る涙の量など、様々な原因があります。

ドライアイには、2タイプあります。
一つは涙の量が減るタイプ、もう一つは涙の蒸発量が
増加するタイプです。

涙の量が減るタイプのドライアイの治療には、
水分を保持する作用のあるヒアルロン酸を多く含む
目薬が処方されます。

涙の蒸発量が増加するタイプのドライアイの治療には、
涙の蒸発を抑えるため、ムチンという粘性のある物質が入った
目薬を使用します。

点眼でも改善しない場合は、涙点プラグ挿入という
治療法を行います。
これは、涙が排出される涙点という穴に、シリコンでできた栓
(涙点プラグ)を挿入し、涙が外に流れ出ないようにして、
涙が目の表面にとどまるようにする方法です。

このようなドライアイの治療を行うことにより、
生活の質(クオリティ・オブ・ライフ:QOL)が向上するので、
目に不快感を感じたら、眼科を受診するようにしましょう。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。