ぎっくり腰の原因と予防法

ぎっくり腰は、ドイツ語で「魔女の一撃」とも言われ、
突然激しい痛みで動けなくなります。
正式名称を「急性腰痛症」、または「筋幕性腰痛症」といい、
腰に強い痛みが有るのにX線検査などで異常が確認できず、
臓器などにも病気がみられない場合にぎっくり腰と診断されます。

ぎっくり腰は、突然ピキッと来るものばかりではありません。
なんとなく腰の調子が悪いと思いながら就寝し、
起きたら痛くて動けなかった、という例も多くあります。

ぎっくり腰は、重い物を持ち上げた時や、
急に腰をひねると起こしやすいのですが、
歯を磨いていても起こすこともあります。

youtsu1.gif

ぎっくり腰は、腰の筋肉が凝り固まっているときに
起きやすいようです。
腰の筋肉の柔軟性が失われていると、
ちょっとした動作やきっかけで筋肉や関節が
痛んでしまうことになるのです。

普段からストレッチなどで身体をほぐしていると、
ぎっくり腰をはじめとした腰痛や、
体の各所の筋肉痛予防のため、
腰痛がクセになっている人には
ストレッチは特にお勧めです。

ぎっくり腰になってしまった場合、
痛いところを冷やした方がいいのか
温めた方がいいのか迷うところですが、
ぎっくり腰になった当初は冷やすことを
お勧めします。

湿布は患部を逆に温めることもありますので、
保冷剤やビニール袋に氷水を入れて、
患部を冷やしましょう。
冷やしすぎも悪いので、10分くらいの感覚で
冷やすとよいでしょう。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:ぎっくり腰 ぎっくり腰の原因 腰痛とぎっくり腰 ストレッチ ストレス 腰痛 腰痛の原因 
| 腰痛 | 編集 |
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.