肝がんの様々な治療法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
肝がんのその他の治療法には、「マイクロ凝固術」、
「RFA」、「放射線治療」、「がん樹状細胞療法」などがあります。

一つずつ解説していきます。

《マイクロ凝固術》
電子レンジにも使われているマイクロ波を利用して、
ガンを死滅させる治療法です。

マイクロ波を水分を含む物質に照射すると、
水分子を繋ぐ振動子がマイクロ波を吸収して
振動・回転し、温度が上がります。

電子レンジではこの原理を利用して
食品を温めているのですが、
マイクロ凝固術でも、マイクロ波による熱によって
ガン細胞を焼いて死滅させます。

マイクロ凝固術が適用されるのは3cm以下の
小さい肝がんのみですが、超音波像を見ながら
細いマイクロ波電極針を刺してがんを焼くため、
身体を切開する必要がなく患者の負担が少ない
という利点があります。

一方、一回に焼ける範囲が小さいこと、
マイクロ波によりがん細胞以外の正常な組織を
焼いてしまうこともあるというデメリットもあります。
また、まだ新しい技術のため、日本では
保険適用が認められていず、治療費が高額になります。


《RFA》
「RFA」とは、ラジオ波焼灼療法といい、
ラジオ波という電波を照射し、ガン細胞を焼く治療法です。
ラジオ波も、上記のマイクロ波同様、熱を発生させます。

そのため、RFAの治療法もマイクロ凝固術同様、
ラジオ波電極針を超音波ガイドをしながら刺して、
熱を発生させてがん細胞を焼いて死滅させます。

従来、エタノール注入療法が肝がんにおいて
高い治療成績を誇っていたのですが、
3cm程度の肝がんを消滅させるために、
エタノール注入療法では4~5回行わなければ
ならないところ、RFAでは1回の治療で
癌細胞を消滅させることが出来ます。

そのため、エタノール注入療法に変わる治療法として
期待されていますが、まだ保険適用外となっているため、
費用がかかることが欠点です。

しかし、肝がん治療の主流になりえる治療法のため、
今後は保険が適用される可能性が大きいです。


《放射線治療》
放射線治療は、ガンに放射線を照射して、がん細胞中の
DNAを破壊することによりガンを死滅させます。

肝がんでは、局所的な治療が出来ない場合や、
3cm以上あるようながんの治療に用いられています。

放射線治療では、細胞分裂のスピードが速いほど
効果が高くなるので、進行が早いがんほど
効果が高いと言われています。

メリットは、副作用が少ないということなのですが、
あまり積極的には放射線療法は行われてきませんでした。

というのは、肝がんは肝硬変や肝炎を経て発症するため、
肝機能がすでに低下している状態です。
放射線を照射することにより、肝機能がさらに低下することが
多かったためです。

しかし技術の進歩により、ピンポイントで放射線を
照射することが出来るようになって来ました。
そのため、最近では放射線療法も使用されるように
なってきています。


《がん樹状細胞療法》
がん樹状細胞療法とは、免疫療法に分類される治療法で、
免疫をつかさどる樹状細胞を利用してガンを死滅させる方法です。

がん樹状細胞療法では、患者から採取した肝がん細胞を
樹状細胞に認識させます。
樹状細胞は、患者の肝がんの特徴を認識し、
がんに対抗する抗体をつくり、ガン細胞を攻撃していきます。

がん樹状細胞療法は副作用もなく、入院の必要もないため、
通院しながらがんの治療が出来ます。
しかし、保険診療外のため、1回20万円の治療を、
自己負担で5回程度受ける必要があります。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。