病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ 悪性リンパ腫 ≫ 悪性リンパ腫の初期症状と進行状況、生存率

悪性リンパ腫の初期症状と進行状況、生存率

悪性リンパ腫は、リンパ系組織のがんです。

リンパ節、胸腺(きょうせん)、脾臓(ひぞう)、
扁桃腺(へんとうせん)等の組織・臓器と、
リンパ節をつなぐリンパ管、
そしてその中を流れるリンパ液からなります。
これらすべてをリンパ系組織と総称しています。

このリンパ系組織に出来るがんですから、
ガンがどこの組織に出来たかにより、
症状は異なります。

最も多い症状は、首や脇の下、足の付け根など
リンパ節の多い箇所に、痛みのないしこりができます。
その他にも、発熱、体重の減少、ひどい寝汗(盗汗)が
よくある症状で、これら3つの症状を「B症状」といい、
悪性リンパ腫特有の症状です。

しこりは悪性リンパ腫の初期症状ですが、
痛みがないため早期発見が難しいです。
風邪でもリンパが腫れてしこりが出来ることがありますし、
結核、梅毒、白血病など重篤な病気の場合もあります。

ただし、これらの病気は痛みがあることがほとんどですので、
痛みもないのにリンパ節が1cm以上腫れた場合は、
悪性リンパ腫を疑い、専門医の診断を仰いだほうがよいでしょう。


悪性リンパ腫は、がん細胞が増える速さにより低悪性度、
中悪性度、高悪性度に分類されます。

悪性リンパ腫の場合、抗がん剤などの化学療法が効果的で、
しかも癌の進行の早い高悪性度ほど抗がん剤の効果が
現れやすいという特徴があります。

ガンの治療の成果の目安として、5年生存率が挙げられますが、
悪性リンパ腫の場合、他のがんと比べて生存率は高いです。

ガンの分類方法の一つとして、がんの進行度による
「病期(ステージ)」があります。

《臨床病期》
Ⅰ期:病変が1ヶ所のみ。
Ⅱ期:病変が2ヶ所以上、かつ横隔膜の同側にとどまっている。
Ⅲ期:病変が横隔膜の両側のリンパ節領域に及んでいる。
Ⅳ期:非リンパ系臓器にまで病変が認められる。

悪性リンパ腫の5年生存率は、ホジキンリンパ腫の場合、
Ⅰ期90%、Ⅱ期80~90%、Ⅲ期50%~90%、Ⅳ期40~65%、
非ホジキンリンパ腫は、Ⅰ期、Ⅱ期70~90%、
Ⅲ期、Ⅳ期では50%~70%と、若干ホジキンリンパ腫より低くなりますが、
それでも他のがんに比べると高い水準を保っています。

悪性リンパ腫は、全身状態によってもグレード分けされています。

《悪性リンパ腫全身状態のグレード》
グレード0:無症状で、従来通りの活動が出来る。
グレード1:軽度の症状があり、肉体労働は制限を受ける。
       軽い家事や事務などの軽労働や坐業は出来る。
       歩行にも問題ない。
グレード2:歩行や身の回りのことは出来るが、
       時々介助が必要なことがある。
       軽労働は出来ないが、日中の50%以上は起きていられる。
グレード3:身の回りのことはある程度できるが、
       しばしば介助が必要なことがある。
       日中の50%以上は就床している。
グレード4:身の回りのことは出来ない。
       常に介助が必要。
       終日就床が必要。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.