病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 心臓病 ≫ 心電図検査はどのような検査ですか? 心電図検査で何が分かるのですか?

心電図検査はどのような検査ですか? 心電図検査で何が分かるのですか?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
◼︎心電図検査はどのような検査ですか?

心臓は、「心筋」と呼ばれる心臓の筋肉が収縮することにより
ポンプの働きをして、全身に血液を送り出します。

心筋のこの働きは、電気が司っています。
心筋に微量な電気が流れるという刺激により、心臓が収縮し、
拍動が起こります。

心電図は、心臓のこうした電気的な刺激が伝わる様子を体の表面から
測定する検査です。

両手足と胸にいくつかの電極とコードを貼り付け、検査します。
電極とコードは、ホルダーや吸盤で取り付けるので痛くはありません。

これらの電極やコードは、体を流れる微量な電気を機械に導くためのもので、
機械から電気を流すわけではないので、安心してください。

心電図の記録も、数分程度で終わるので、心配はいりません。


◼︎心電図検査で何が分かるのですか?

心臓の電気的活動は、波形に記録されます。
この波形を見ることにより、電気的な刺激の伝わり方が正常かどうかや、
心筋の状態などを診断していきます。

脈が乱れたり、異常に早くなったり遅くなったりする不整脈という
病気では、心電図の波形のリズムや、波形の伝わり方に異常が見られます。

心臓の血管が動脈硬化などの原因により詰まってしまう心筋梗塞では、
心電図の波形により、心筋梗塞の部位や発症した時期などを
診断することも可能です。

高血圧などによって発症する心肥大も、心電図の波形を分析することにより
病状の程度を推測することができます。

このように心電図を記録することにより、不整脈や心筋梗塞、こころ肥大を
はじめ、心筋虚血、心房中隔欠損症、拡張型心筋症、心臓偏位、狭心症、
心臓弁膜症、電解質失調など、様々な心臓の疾病を見つけ出すことが
可能となります。

ただし、心電図異常があっても心臓に異常がない場合や、逆に心電図に
異常が現れない心臓の病気もあるため、心電図だけで全てを診断することは
できません。


◼︎心電図に異常があったら、どうするの?

心電図に異常があった場合、より詳細な検査をして、診断が行われます。

ホルター心電図、負荷心電図、心エコー(心臓超音波検査)などの
検査が行われ、何の病気であるか診断されます。





関連記事
スポンサードリンク
タグ:心臓病 心電図 心筋虚血 心房中隔欠損症 拡張型心筋症 心臓偏位 狭心症 心臓弁膜症 電解質失調 心筋 
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。