坐骨神経痛と、その症状

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
坐骨神経痛は腰痛の原因としてよく聞きますが、
症状の名前であって、病名ではありません。

「坐骨神経痛」の名前の通り、坐骨神経が
圧迫されることによる「神経痛」を総称して
坐骨神経痛と呼んでいます。

坐骨神経は、腰からお尻、足にかけて通っています。
神経の中でも最も長く太いのが特色です。

何らかの原因で坐骨神経が圧迫される事で
痛みが生じ、臀部から太ももの後ろ側にかけて
鋭い痛みが生じます。
また、容態が深刻になると脚の痺れが
徐々に下まで伸びていき、脚の指先まで痺れたり、
歩行が困難になるケースもあります。

坐骨神経痛で痛みを感じる箇所は、
お尻、太ももの裏・すね・ふくらはぎがあります。

一般的な腰痛と異なる点は、
足やお尻に放散痛を感じることです。
放散痛とは、実際に苦痛を生じている箇所でなく、
他の部位に苦痛があるように感じるものです。

坐骨神経痛の症状を緩和するには、
生活習慣の見直しや薬物療法、牽引、
患部を温める温熱治療等をおこないます。

また、硬膜外ブロックやC等、
注射を使って痛みを感じにくくする治療も行われます。
歩行障害など、重症の場合は手術を行うこともあります。

坐骨神経痛は、他の疾患が契機となって
起こる場合も多いです。
最も多い原因は腰椎椎間板ヘルニアですが、
その他にも、梨状筋症候群、脊柱管狭窄症、
脊椎分離症、すべり症、脊椎しゅよう、
骨盤内しゅようなども坐骨神経痛の原因となります。

これらの疾患も、坐骨神経痛と同様に
腰痛や痺れを生ずるため、
すぐには見分けがつかないこともあります。

坐骨神経痛の主な症状は、下記の通りです。

1.腰の痛み、臀部の痛み
2.太ももの裏、足へかけての痛み、痺れ
3.体を動かすと痛みや痺れが悪化する
4.苦痛のため歩行が困難になる
5.足に力が入らなくなる6.足の筋肉が左右で差が出てくる
関連記事
スポンサードリンク
タグ:坐骨神経痛 坐骨神経痛の原因 硬膜外ブロック 腰椎椎間板ヘルニア 梨状筋症候群 脊柱管狭窄症 脊椎分離症 すべり症 
| 腰痛 | 編集 |
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。