病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ その他の病気 ≫ その座り方が”冷え”を招く!? ”冷え”の意外な原因

その座り方が”冷え”を招く!? ”冷え”の意外な原因

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
”冷え”に悩まされている女性は多いですよね。
手や足の先などが温まらず、常に冷えているような感覚は、
特に冬はつらいものです。

ところで、日常のちょっとした習慣が冷え性の原因に
なりえるってご存知でしたか?

例えば座り方。

イスが高すぎて足が床についていない状態だと、
足の重さがすべて大腿部(太もも)にかかるため
血行が悪くなり、足の先まで血液が行き渡りにくくなり
足の冷えの原因になります。

また、足を組むのもNGです。
足を組むと体がゆがみ、血液の流れが滞ってしまう
という理由もありますが、もっと直接的理由としては、
下になっている足に体重がかかり、
血行が悪くなるという理由もあります。

さらに、長時間同じ姿勢で座っていると、
お尻が圧迫されて血行が悪くなり、
骨盤のうっ血(血流が停滞すること)を招き、
冷え性の原因となります。

また、長時間同じ姿勢で座っていることは、
冷え性だけでなく、エコノミークラス症候群の
原因にもなりかねません。


■なぜ女性は冷え性になりやすいの?

一般的に男性よりも女性のほうが冷え性になりやすいと
いわれています。

これは、女性のほうが男性よりも筋肉が少ないからです。
筋肉は血流が多く、熱を作り出してくれます。

さらに、女性は男性に比べて皮下脂肪が多いですが、
脂肪は熱を通しにくく、一旦冷えると温まりにくいという
性質があります。

さらに、冷え性の要因の一つとして、ホルモン変動と
それに伴う自律神経の乱れが考えられています。

女性は月経があるため、ホルモンのバランスが崩れやすく、
冷え性になりやすいと考えられています。


■冷え性の解消法

冷え性は病気ではなく、生活習慣による側面が大きいため、
生活習慣を改善することにより、改善することが多いです。

・自律神経の乱れを解消するため、バランスの良い食事を心がけます。

・身体をしっかり温めます。
 女性のファッションは露出が多く、どうしても冷えやすくなってしまいます。
 しかし、冷えを防ぐには、しっかりと身体を温めることが大切です。
 その際、面積の広い部分を温めたほうが効率が良いです。
 最近、”冷え取り”として手足を温めるグッズが流行していますが、
 末端を温めるより、胴体など体幹を温めるほうが効果があります。
 体幹以外では、首・手首・足首の3つの”首”を温めましょう。
 この部分は、血管が体表近くにあるため冷えやすく、逆に言えば
 温めやすい部分でもあります。

・シャワーで済まさず、しっかりお風呂に入りましょう。
 夏でもシャワーで済まさず、入浴でしっかりと体の芯まで暖めます。
 入浴は、熱いお湯は避けます。
 熱いお湯は長い時間つかれないため、表面しか暖まらず、
 体の芯は温まりません。
 みぞおちくらいまでの40度前後のぬるめのお湯に、じっくりと
 つかる半身浴がお勧めです。
 冬場は上半身が冷えるので、乾いたタオルを肩にかけます。

・ウォーキングなどの有酸素運動で体を温めます。

・ショウガを食べます。
 ショウガは血行をよくし、体を温めてくれます。
 ただし生のショウガは末端の血行をよくするため、
 体幹部の血液量がへり、逆に体の芯は冷えてしまいます。
 乾燥ショウガを摂るようにしましょう。

関連記事
スポンサードリンク
タグ:冷え 冷え性 有酸素運動 半身浴 自律神経 ホルモンバランス 
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。