病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ その他の病気 ≫ 赤ちゃんが熱を出した時のホームケア

赤ちゃんが熱を出した時のホームケア

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
赤ちゃんは、生まれてから4~5ヶ月までは、
お母さんからもらった免疫があるので病気になりにくく、
熱もほとんど出ません。

しかし、生後6ヶ月を過ぎると、お母さんからもらった免疫がなくなり、
頻繁に熱を出すようになります。

ところで、何度からが「発熱した」状態なのでしょうか?

赤ちゃんの体温は大人よりも高めなので、一般的に37.5℃までは
平熱と考えてよいでしょう。

平熱より1℃くらい高い場合を、熱が出ている目安とします。
平常の状態の体温を測っておくといいですね。

風邪の場合の発熱は、3日前後でおさまります。
熱が出ていても、熱以外に症状が見られず、発疹などもなく、
元気で母乳やミルクをよく飲む場合は、医者にかからず
家庭で様子を見ていてもよいでしょう。

一方、熱がなかなか下がらなかったり、熱以外に咳や嘔吐、
下痢、発疹などを伴ったり、顔色が悪かったり、
ぐったりしている場合は、すぐに小児科を受診しましょう。

熱がなかなか下がらない場合は、熱がどのように推移したかも
診断材料になります。

朝・昼・夜の3回計って、メモしておくと、医師の診断に役立ちます。


■赤ちゃんが熱を出した時のホームケア

氷枕や濡れタオルをひたいにあてて、熱を下げてあげましょう。
赤ちゃんが嫌がらない範囲で結構です。

また、わきの下や股の付けねを冷やすとより効果的ですが、
冷やし過ぎないように注意しましょう。

逆に、熱の上がり始めは寒気がするので、1枚多く着せたり、
布団を多くかけて体を温めてあげます。

一方、熱が上がりきってしまったら、衣類や寝具を減らして、
熱を逃がしてあげます。

熱が下がる時は汗をたくさんかくので、こまめにふいてあげたり、
着替えさせてあげましょう。

熱が出ると体の水分が失われやすいので、こまめに水分補給を
してあげます。

白湯やお茶、赤ちゃん用のイオン飲料など、赤ちゃんが飲みやすい飲料を
少量ずつこまめに与えます。

離乳がまだの赤ちゃんの場合は、母乳やミルクが飲めていれば、
飲料を与えなくても大丈夫です。

お風呂は避けます。
オムツかぶれにならないよう、お湯で絞ったタオルで
おしりや陰部をきれいにふいてあげましょう。
様子を見て、おしりだけをシャワーで洗ってあげても良いでしょう。

発熱は、病原体の増殖を抑えるための体の防御反応です。
そのため、解熱剤は使わずに済めばそれにこしたことはありません。

しかし、熱が高くて眠れなかったりすると、体力が消耗してしまうことも事実です。
熱が高くてよく眠れないようだったら、解熱剤を使って少しでも
眠れるようにしてあげても良いでしょう。

ただし解熱剤は病気そのものを治す薬ではなく、体温を平熱にまで
下げる薬でもありません。

解熱剤使用の2時間ほどあとで、体温が0.5℃くらい下がれば、
十分効果があったと考えます。
逆に効き過ぎないように注意します。

また、解熱剤の使用に注意が必要な病気があります。

インフルエンザウイルスや、水痘帯状疱疹ウイルスに感染したときに
アスピリン系の解熱剤を使うと、「ライ症候群」という、
生命に関わることもある危険な病気になることがあります。

市販の解熱剤を常備する場合は、アスピリン系を避け、
アセトアミノフェン系の解熱剤にしましょう。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。