大腸がんの予防

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
大腸がんを予防するには、食事が重要といわれています。

よく言われることは、繊維を多く採ること。
野菜中心の食生活は、ビタミンやミネラルも
豊富にもたらしてくれます。
動物性脂肪やたんぱく質の大量摂取は、
大腸がんに限らず様々な病気の原因となります。

また、適度な運動も、大腸がんに限らず、
各種の癌や、その他の疾患から身体を守ってくれます。

禁煙も、大腸がんに罹るリスクを下げてくれます。
タバコは肺がんの原因として知られますが、
喫煙により、大腸にも発がん物質が運ばれるため、
大腸がんにかかりやすくなります。

また、喫煙により、大腸ポリープが非喫煙者の2倍
出来やすくなるという研究結果も出ています。
大腸ポリープは大腸がんに変化する可能性があるため、
ガンになりやすい素地が出来てしまうのです。

アルコールも、大腸の粘膜にダメージを与え、
大腸ガンの発症リスクを高めます。
特に直腸がんの罹患に大きな影響を与えます。

日本人の場合、飲酒の習慣がある人は、
お酒を飲まない人と比べて大腸ガンの罹患率が
2倍以上になることが判明しています。

また、お酒に弱く、すぐ顔が赤くなってしまう方は、
お酒に強い方に比べて数倍も大腸がんに
罹りやすいとされています。


大腸がんの直接の予防ではありませんが、
定期的な検診は、がんの早期発見につながり、
早期治療を受けることにより完治させることが
可能になるります。

大腸がんの発症には、上記の原因のほかにも、
加齢が大きく関係していると考えられているからです。

毎年の検診で、万が一の異常を
すばやく見つけることが大切といえましょう。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。