慢性気管支炎の症状と治療法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
慢性気管支炎は慢性閉塞性肺疾患(COPD)に含まれ、
『持続性あるいは反復性の痰を伴う咳が少なくとも連続して
過去2年以上、毎年3カ月以上続くもの』と定義されています。

男性に多い病気ですが、女性の方が重症化しやすいので
注意が必要です。

原因はまだ明らかにはなっていませんが、
喫煙や加齢、気管支喘息、慢性鼻疾患、
遺伝的に気管支壁が弱い、感染症、大気汚染などが
考えられています。


■慢性気管支炎の症状

慢性気管支炎は気管や気管支が慢性的に炎症を起こしているため、
痰が出ます。

特に、朝起きるときに咳と共に粘液性の痰が出ます。
何らかの感染が加わると、痰の量が増え、
膿が含まれるようになります。

症状が進むと、呼吸困難や息切れを感じるようになります。


■慢性気管支炎の治療

慢性気管支炎では、痰への対処療法が治療の中心となります。
その上で、ウイルスや細菌な どの感染症にかかると悪化するため、
感染予防に努めます。

痰への対処療法は、去痰薬、鎮咳薬、抗生物質などが処方されます。
喘息のような症状が現れるときは、気管支拡張剤を用います。
ネブライザー吸入療法や体位ドレナージにより、気道の浄化を
行うこともあります。

慢性気管支炎の原因の除去として、
喫煙している人は禁煙を、大気汚染が原因と考えられるときは、
転職や転地を勧められることもあります。

感染症にかかると悪化するため、インフルエンザの予防接種をしたり、
人ごみを避け、室内の換気を図るなど、感染症の予防に努めます。

食べ物も、刺激物は避けたほうがよいでしょう。

慢性気管支炎は慢性の経過をたどり、気道感染で悪化しますが、
予後は悪くなく、命に関わるようなことはほとんどありません。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。