肺気腫の症状と治療法

肺気腫は、肺胞壁の破壊により、呼吸細気管支が異状に拡張し、
その結果、息切れや呼吸困難などの症状を生じる病気です。

肺胞は肺の中で直接酸素と二酸化炭素の交換をしている部位であり、
一度破壊されると回復することができなません。

そのため、肺気腫は現状において完治不能の病気であり、
早期発見・早期治療が求められる病気のひとつですが、
病気がある程度進行しないと自覚症状が現れません。

中年以降の男性に多く、喫煙との関係が大きい病気ですが、
大気汚染物質なども肺気腫の原因の一つであり、
最近では、アスベストとの関係が問題になっています。


■肺気腫の症状

肺胞などの拡張・破壊により、息を吸うときには普通に
肺に空気が入っていきますが、息を吐くときに、
うまく空気が肺から出て行かなくなります。

そのため、肺気腫の主な症状は、息切れや息苦しさとなります。
そのほかにも咳、痰なども主な症状ですが、
病気がある程度進行しないと、自覚症状が現れません。

最初は、運動したり、階段を上ったりしたときの
息切れとして自覚されますが、進行すると、
平地を歩いているだけでも、安静にしていても、
息切れしやすくなります。


咳は、肺気腫に感染症を伴ったり、肺性心になったときなどに
多く認められます。

痰は、慢性の気道炎症により気道分泌物が過剰になることによる
ものですが、やはり、感染症を伴ったり、肺性心になったときなどに
多く認められます。


■肺気腫の治療法

肺気腫は、いったん発病してしまったら、病気の進行を止めることも、
ましてや回復させることもできません。

そのため、病気の進行を食い止めることが治療の目的となります。
そのため、最大の治療法は禁煙といえるでしょう。

肺気腫の初期のうちは、肺の空気の出入りをしやすくするため、
気管支拡張薬や、痰を出しやすくする薬を内服します。

また、気管支を拡張する目的で、β刺激薬や
抗コリン薬等を併用することもあります。

日常生活では、規則正しい生活をして、体力を落とさないことが大切です。
軽い運動で身体を鍛えて呼吸を楽にする運動療法や呼吸トレーニングなども、
症状の緩和に効果的とされています。

また、太っている人は、ダイエットをすると呼吸筋の働きが
よくなり、呼吸が楽になります。

風邪をこじらせると肺炎になりやすくなるため、
早めに治療することが大切です。

インフルエンザの予防接種も、毎年受けるとよいでしょう。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.