病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ 肝がん ≫ 肝がんの原因である肝炎、肝硬変について

肝がんの原因である肝炎、肝硬変について

肝がんについて」で示したとおり、肝ガンの
80~90%が肝硬変や、その前段階のB型肝炎、
C型肝炎などの慢性肝炎から発生しています。

特にC型肝炎は、肝癌の原因の7割以上を閉めています。
C型肝炎ウイルスは、一度感染してしまうと
自然に治ることがなく、肝機能が低下した状態を
慢性化させ、C型慢性肝炎を引き起こします。

C型肝炎ウイルスの感染源は、血液です。
ウイル自体のスの感染力は非常に弱いため、
母子感染や性交による感染は非常に少ないのですが、
ウイルスに感染した血液の輸血や、
注射針の使いまわし、消毒が不十分な
治療器具からの感染など、主に医療事故による
感染がほとんどです。

C型肝炎に罹ると、倦怠感、食欲不振、
嘔吐、黄疸などの症状が表れますが、
これらの症状を自覚する頃には、
肝臓の機能はかなり低下している状態に
陥ってしまっています。

そのため、輸血経験のある方は、
早めに検査を受けることが大切です。


B型肝炎は、C型同様に、肝炎ウイルスの
感染によって起こる肝炎です。
B型肝炎ウイルスは、血液や体液を介して
感染します。

B型肝炎には急性と慢性があり、
急性は、性行為、医療従事者の針さし事故、
注射針の使い回し、入れ墨などが主な感染経路です。
一般的に、B型肝炎ウィルスに感染しても、
体内でB型肝炎ウィルスに対する抗体が作られ、
自然に治ります。

しかし、免疫不全の方や、母子感染などにより
免疫機能がまだ十分に発達していない
乳幼児期に感染した場合は、慢性肝炎になってしまうことがあります。
このB型慢性肝炎になってしまうと、
肝がんの原因になりえますので、
キャリアの方は注意が必要です。

ただし、母子感染した子供すべてがB型慢性肝炎へと
移行するわけではありません。
7割くらいの子供は、症状のない無症候性キャリアとなり、
その後、自分でも気づかないうちに肝炎を発症して
自然に治癒してしまいます。
しかし、中には肝炎の状態が続いてしまい、
B型慢性肝炎になってしまうことがあるのです。

B型慢性肝炎になると肝機能が低下し、
疲れやすい、だるい、食欲がない、
ときには尿の色が濃いなどの症状が現れることがあります。


肝硬変もまた、肝がんを発症する確率が高くなる病気です。
肝がん患者のうち、80%以上の方に肝硬変が見られるという
統計があるほど、肝がんとは密接な関係にあります。

肝硬変とは、肝臓が硬くなってしまう病気です。
肝臓は再生する力が非常に強い臓器なので、
何らかの原因により細胞が破壊すると自らの力で再生しますが、
破壊された箇所を補うために繊維が増え、固くなっていきます。

肝硬変の原因として圧倒的に多いのはC型肝炎で、
全体の約6割を占めています。
肝炎の原因としてアルコールがよく挙げられますが、
アルコールだけが原因で肝硬変になる人は意外と少なく、
全体の1割程度です。

肝硬変の症状は、食欲不振、お腹の張りなどがありますが、
肝がん同様、初期の頃にはあまり症状が現われません。
それは、『沈黙の臓器』肝臓には、一部に障害が起こっても、
残りの部分がそれをカバーして働く
「代償能」という機能があるためです。

しかし、代償能にも限度があり、
肝硬変の進行と共に様々な症状が出てきます。
上記の症状のほかにも、黄疸や腹水、皮膚に黒ずみや
赤い斑点が現れることもあります。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:肝臓がん 肝がん 肝臓ガン 肝ガン c型肝炎 a型肝炎 肝炎 b型肝炎 慢性肝炎 
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.