病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 目の病気 ≫ 転移性脈絡膜腫瘍と、その治療法

転移性脈絡膜腫瘍と、その治療法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
脈絡膜とは、眼球の後ろ側の部分の膜の一つで、
血管とメラニン色素が多く、眼球に栄養を運んだり、
瞳孔以外からの光をふせいで眼球内の暗さを一定にする
働きをしています。

この脈絡膜に、ほかの臓器のがんが転移してきた腫瘍を
『転移性脈絡膜腫瘍』といいます。

男性では肺がんや前立腺がん、
女性では乳がんからの転移が多いです。


■転移性脈絡膜腫瘍の症状

腫瘍ができた部位により、その症状は異なります。

飛蚊症(ひぶんしょう)が初期症状であることが多いです。
閃光が見えることもあります。

しかし、自覚症状がない場合もあり、
眼の定期検診などで偶然発見されることもあります。

網膜はく離を伴うことが多いので、それにより、
ゆがんで見えるようになったり、視野が欠けたり、
視力が低下することもあります。


■転移性脈絡膜腫瘍の治療法

原発癌、つまり、転移元のがんの治療が優先されます。

全身の状態がよければ、はじめて、転移性脈絡膜腫瘍に
対する治療が行われます。

治療方法は、放射線療法や抗がん剤の投与などです。

しかし、転移性脈絡膜腫瘍が見つかると、
残念ながら余命は半年以内のことが多いです。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。