加齢黄斑変性の症状と治療法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
加齢黄斑変性は、文字通り黄斑の加齢によって起こる病気で、
高齢者の失明原因のひとつです。

黄斑とは、目をカメラに例えるとフィルムに相当する部分で、
網膜の中心部分に当たります。
カメラと大きく違うところは、カメラはどの部分でも良く写りますが、
人間の目は黄斑では良く見えますが、
それ以外のところでは、正常な目でも十分な視力がありません。

そのため、黄斑に障害を受けると、
視力が低下したり、最悪の場合は失明にいたってしまいます。


■加齢黄斑変性とは

加齢黄斑変性は、脈絡膜から発生する新生血管(脈絡膜新生血管)の有無で
「滲出型(しんしゅつがた)」と「萎縮型」に分類されます。

脈絡膜新生血管とは、網膜に栄養を送っている脈絡膜から、
新しい血管が伸びることです。
これは異常な血管のため、血液の成分が漏れやすく、
様々な障害を引き起こしてしまいます。

《滲出型加齢黄斑変性》

視力にもっとも関わりの深い黄斑が悪くなるため、
急激な視力低下や視野の中心が見えなくなる「中心暗点」を起こしやすく、
病状が進行すると視力が失われる可能性があります。
また、片眼に罹ったら、もう片方の眼も発症している可能性があるため、
両眼の検査を受ける必要があります。

《萎縮型加齢黄斑変性》
病状の進行は緩やかで、視力はあまり悪くなりません。
しかし、新生血管が発生し、滲出型加齢黄斑変性に移行することもあるので、
定期的に眼底検査、蛍光眼底検査を行い、経過をみる必要があります。


■加齢黄斑変性の症状

網膜の中心部が悪くなるので、視野の中心の、
最もよく見ようとするところが見えにくくなります。

病巣が黄斑に限られていれば、見えない部分は中心部だけですが、
大きな出血がおこれば、さらに見えにくい範囲が広がり、
最終的には失明に至ります。

主な自覚症状は、ものがゆがんで見える「変視症」、
見ているものの中心が欠けて見えなくなる「中心暗点」、
そして「視力低下」です。

また、症状が進んでくると色が分からなる「色覚異常」も現れます。


■加齢黄斑変性の検査

加齢黄斑変性の診断には、視力検査、アムスラー検査、
眼底検査、造影検査、光干渉断層計などの検査を行います。


■加齢黄斑変性の治療

萎縮型の加齢黄斑変性には、現在のところ治療法はありません。
しかし、急激な視力低下を伴う滲出型の加齢黄斑変性に
移行していないかどうか、定期的に検査を行う必要があります。

滲出型の加齢黄斑変性にはいくつかの治療法があります。

新生血管が中心窩に及んでいないのなら、
それをレーザー光線で焼きつぶすレーザー光凝固術を施します。
出血や滲出物が吸収されることで、視力が回復する人もいます。
ただし、レーザー光線で正常な網膜も破壊されるため、
その部分は全く見えなくなってしまいます。
一番大切な中心窩を守ることを優先するための治療法です。

新生血管が中心窩に達している場合は、
それをレーザー光で凝固すると視力が極端に低下してしまうので、
以前は良い治療法がありませんでした。
しかし近年、新しい治療法が開発されてきました。

・光線力学的療法(photodynamic therapy:PDT)
ビスダインという光感受性物質を点滴し、
非常に弱い出力の専用のレーザーを病変に照射する治療法です。

・抗血管新生薬
血管内皮増殖因子(VEGF)を阻害する薬を投与し、
脈絡膜新生血管を退縮させる治療法です。


■加齢黄斑変性の予防法

加齢黄斑変性の原因ははっきりとは分かっていませんが、
高血圧や心臓病、喫煙、栄養状態(ビタミン、カロチン、亜鉛などの不足)、
遺伝などの関与が考えられています。

特に、喫煙している人はしていない人に比べて加齢黄斑変性になる
危険性が高いことが分かっています。
喫煙している人には禁煙が勧められます。

また、栄養状態も関係していると考えられ、
ビタミンC、ビタミンE、βカロチン、亜鉛などを含んだサプリメントを飲むと
加齢黄斑変性の発症が少なくなることが分かっています。
特に、一方の目に加齢黄斑変性が発症した人には、
これらを含んだサプリメントの内服が強く勧められます。

また、野菜中心の食事や、肉よりは魚中心の食事の方が
加齢黄斑変性を防ぐ効果があると考えられています。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。