病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ 目の病気 ≫ 中心性漿液性脈絡網膜症の症状と治療法

中心性漿液性脈絡網膜症の症状と治療法

中心性漿液(しょうえき)性脈絡網膜症は、
30~50歳の働き盛りの男性に良く見られる目の病気です。
片目に発生し、ほとんどは自然に治ります。


■中心性漿液性脈絡網膜症とは

中心性漿液性脈絡網膜症(以後「中心性網膜症」)は、
網膜の中心部に障害が起こる病気です。

良性の病気なので、大抵は半年くらいで自然に治りますが、
再発しやすいのが特徴です。
はっきりした原因は分かっていませんが、特に事務系の仕事や
頭脳労働に携わっている人に多く見られることもあり、
ストレスや疲労が 引き金となって起こると考えられています。

中心性網膜症は、「中心性漿液性脈絡網膜症」という
名前の通り、網膜の中心部に、脈絡膜から出た漿液 (血漿成分)が
たまることにより発症します。

漿液が溜まることにより、網膜が浮き上がった状態になり、
局所的に網膜剥離の状態になっているのです。


■中心性網膜症の症状

中心性網膜症は、主に片方の目だけに起こります。

物を見ようとしても、中心部が暗くかすんで見えにくくなる
「中心暗点」が主な症状です。

そのほか、ものが実際より小さく見える「小視症」や、
ものがゆがんで見える「変視症」などが起こることがあります。
これらの症状も、視野の中心部だけに現れるのが、
中心性網膜症の特徴です。

視力が低下(遠視になる)こともありますが、
極端に視力が落ちることはなく、
遠視用のメガネで対応可能な程度です。


■中心性網膜症の治療法

中心性網膜症は良性の病気ですが、
紛らわしい病気もあるので、素人判断は禁物です。
中心暗点などの症状が見られたら、眼科できちんと検査を行いましょう。

放っておいても半年程度で直る病気ですが、
網膜剥離の状態を長く放置していると、
中心性網膜症が直っても視力が戻らないこともありますし、
再発しやすくもなります。

やはり眼科を受診して、きちんと治療を受けたほうが良いでしょう。

一般的には消炎薬やタンパク分解酵素製剤、循環改善薬による
薬物療法が行われます。

自覚症状が強い場合は、レーザー光凝固を行う場合があります。
漿液が漏れる地点をレーザーで焼いてくっつけるという方法ですが、
入院の必要はなく外来で行うことができます。


■中心性網膜症にならないためには

中心性網膜症になっても、パソコン作業など、
目を使う作業は今までどおり行ってもかまいません。

しかし、中心性網膜症はストレスが原因と考えられているので、
無理は禁物です。

ストレスや疲れがたまると、治りが悪くなるだけでなく、
再発しやすくなると考えられています。

ストレスは万病の元ですので、自分なりのストレス解消法を見つけて、
上手にストレスを軽減し、心身を良いコンディションに保つようにしましょう。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.