病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ その他の病気 ≫ スキンケアとかゆみ対策 ~環境編~

スキンケアとかゆみ対策 ~環境編~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
かゆみには様々な原因がありますが、
慢性のかゆみの原因の一つは”皮膚の乾燥”です。

皮膚の乾燥は、角層の保湿機能が損なわれる事で起こります。
そのため、かゆみの治療でもっとも大切なことのひとつは、
角層の異常を直し、潤いのある肌を取り戻すことです。

そのためには、日常生活で気をつけるべきポイントが、
いくつかあります。

逆に言えば、日常生活で気をつけるべきポイントを押さえることにより、
かゆみの症状が軽快する可能性があります。


■衣類

1.肌に当たる素材は木綿を選びましょう
肌着など、肌に直接当たる素材は、肌に優しい木綿が一番です。
ナイロンや化繊は吸湿性に劣るため、汗がたまり、
かゆみが増します。
ウールは、肌を刺激し、かゆみを引き起こします。
また、新しい衣類は、一度洗ってから使用しましょう。

2.静電気に注意
静電気もかゆみの原因になります。
衣類を選ぶ際は、フリースなど、静電気を起こしやすい素材は
避けたほうが無難です。

3.洗濯は、すすぎを十分に
洗濯の洗剤は十分にすすぎましょう。
衣類に残った洗剤が刺激になり、かゆみを引き起こしてしまいます。
また、刺激になるため、柔軟剤は控えましょう。


■住宅環境

1.暖房しすぎないように
暖房のし過ぎや、電気カーペットや電気毛布の利きすぎは、
皮膚が乾燥する上、汗をかくことにより皮膚を刺激し、
かゆみを引き起こします。

2.湿度は十分に
乾燥は肌、ひいてはかゆみの大敵です。
加湿器を置いて、適度な湿度(40%以上)を維持しましょう。


■運動したら

運動すると汗をかきます。
汗は良く落とすようにすることが大切です。


■ストレスを溜めないように

ストレスがたまり、イライラするとかゆみに敏感となり、
かくことによってかゆみはますますひどくなるという悪循環に陥りがちです。
ストレスがたまったと感じたら、軽い運動をしたり、入浴したり、
趣味を楽しんだりと、気分転換をはかってみましょう。


■安眠を心がけましょう

皮膚細胞は夜造られるので、健康な皮膚を保つには、
十分な睡眠が必要です。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。