病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ その他の病気 ≫ 慢性アトピーの原因解明! ペリオスチン抑制により、慢性アトピー患者に福音

慢性アトピーの原因解明! ペリオスチン抑制により、慢性アトピー患者に福音

慢性アトピーの原因が、解明されました。

アトピー性皮膚炎は、ダニなどの原因物質を特定し、
その原因物質を身の回りから取り除いても、
すぐには直らず、慢性化して苦しんでいる方が多くいます。

佐賀大では、この原因を解明する研究結果を発表しました。

アレルゲンが体内に入ると、免疫細胞が働き、
かゆみが生じます。
この時、「ペリオスチン」というたんぱく質が大量に作られ、
このペリオスチンが皮膚に沈着し、
ペリオスチンによって免疫細胞がさらに刺激され、
かゆみが生まれて慢性化する、という悪循環に陥っているそうです。

現在のアトピーの治療はステロイドの服用が中心ですが、
ステロイドは免疫を抑制するため、
感染症にかかりやすくなるという副作用があります。

また、ステロイドにはステロイド皮膚症や
リバウンドなどといった問題もあるため、
使用をためらっている方も多いです。

今回の報告で、ペリオスチンの生成を抑制したり、
消去したりする薬の開発が期待でき、
そうなると、アトピーの方にとっては福音ですよね。

ただし、ペリオスチンも単なる悪役ではなく、
体にとって大切な働きもしています。

ペリオスチンは再生医療の分野で注目されている蛋白質で、
急性心筋梗塞(こうそく)後の心筋の修復に
重要な役割を果たしていることが分かっています。

また、がんの増殖抑制にもかかわっていると
考えられています。

体にとって必要なものであるにもかかわらず、
条件によっては悪役になってしまう、という点では、
ペリオスチンはコレステロールに似ていますね。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.