病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ その他の病気 ≫ かゆみがあるときの正しいお風呂の入り方

かゆみがあるときの正しいお風呂の入り方

アトピーやアレルギー、皮膚病や肌の乾燥など、
かゆみの原因は様々です。

原因に対処する方法は様々ですが、
かゆみそのものへの対応は共通している部分もあります。

お風呂の入り方ひとつとっても、かゆみを減少してくれる
入り方もあれば、逆にかゆみをひどくさせる入り方もあります。

かゆみがあるときの正しいお風呂の入り方をご紹介します。


1.こすりすぎは厳禁!

気持ちいいから、汚れをしっかり落としたいから、と
ナイロンタオルなどでゴシゴシこする人がいますが、
皮膚を傷つけてしまいます。
ヘチマタワシなどもってのほかです。

やわらかな繊維でできた布で、やさしく洗いましょう。


2.石鹸は軽く使います

石鹸は皮膚を刺激するから、といって、
全く使わない方もいますが、
垢をつけておくほうが皮膚には、
ひいては痒みには、ずっと悪いです。

洗ったあとに石鹸などが残らないようにすることが
重要なポイントです。

シャンプーや石鹸は、マイルドな、ご自分の肌に
あったものを使用しましょう。
香料や殺菌剤入りのものは、皮膚を刺激するので、
使用しないほうが良いでしょう。

中高年の方の皮膚は乾燥しやすいので、
石鹸を使いすぎるとかゆみが増します。
低刺激性のものを、少量、よく泡立てて
やさしく洗いましょう。


3.お湯はぬるめで

熱いお風呂は皮膚と自律神経を刺激して、かゆみが増します。
少しぬるめのお湯のほうが、自律神経を緩和し、
体をリラックスさせてくれます。

温泉にいく場合は、硫黄泉はかゆみにはよくないので、
注意が必要です。


4.入浴後は軟膏タイム

入浴後は皮膚が乾燥しやすくなっています。
すぐに軟膏を薄く塗りましょう。
このとき、すり込まないようにすることがポイントです。

薬や保湿剤を塗る順序は、

顔・首筋
 ↓
お腹や背中
 ↓
ひじ、ひざ、手足

と、デリケートな部分から塗り始めます。

ただし、ステロイドなどは、決められた場所以外には
塗りません。

保湿剤もいろいろな種類があります。
医師や薬剤師などにご相談し、
ご自分にあった保湿剤を使用しましょう。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.