網膜剥離の症状と治療法

網膜は、物を見るための重要な役割を担っています。
例えれば、カメラで言うフィルムの役割を担っています。

ところが、網膜色素上皮細胞と言う組織と
神経網膜という組織の接着は弱いので、
何らかの原因で神経網膜が網膜色素上皮細胞から
はがれてしまうことがあります。
これが網膜剥離です。

網膜はく離の原因は、網膜に裂け目(網膜裂孔)や
穴(網膜円孔)が生じることによります。

なかでも裂け目(網膜裂孔)が多いです。
網膜裂孔が生じるとき、飛蚊症(ひぶんしょう)を
自覚することが多いです。


■網膜はく離の検査

網膜はく離を起こすと、視野検査で剥離部の
視野欠損が見られます。


■網膜剥離の治療

網膜裂孔や網膜円孔の段階でまだ網膜が剥離していない
場合は、その周囲を光凝固すれば網膜はく離を予防できますが、
いったん剥離してしまうと、放置すると失明してしまうため、
手術を行う必要があります。

網膜の下にたまった液が重力で下に移動すると
剥離が拡大するので、手術までの間はなるべく安静にして、
剥がれていないほうを上にして寝るようにします。

手術の方法には、眼球の外から行う胸膜内陥術と、
眼球の中から行う硝子体手術があります。


■こんな症状があったら検査を受けましょう。

下記のような症状があったら、網膜はく離が疑われます。
すぐに眼科を受信しましょう。

○飛蚊症(ひぶんしょう)
 黒い点や、ゴミのようなものがみえるのが、飛蚊症です。
 大部分の飛蚊症は、老化や、強い近視によるものですが、
 急に数が増えた場合には、網膜はく離が疑われます。

○光視症(こうししょう)
 眼の中でピカピカと光ってみえるのが光視症です。

○視野欠損
 見ているものの一部がみえないのが、視野欠損です。
 最近は、インターネット上で視野欠損のセルフチェックが
 できるサイトもあります。
 
○視力低下
 見たいものがはっきりみえないときも、
 網膜はく離が疑われます。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.