脊柱管狭窄症と診断されたら

脊柱管狭窄症は難しい名前ですが、
痛みのひどい腰痛の原因としては、
かなり一般的です。

脊柱管狭窄症は、腰にある脊柱管が
せばまることで、中を通る神経に負担がかかり、
腰痛や痺れなどが現れる症状を指します。

脊柱管狭窄症の主な容体は、
「間欠跛行」といわれるものです。
苦痛から長く歩くことができず
、休み休みでないと歩けない状態を指し、
この病態が脊柱管狭窄症の特徴でもあります。
また、真っ直ぐ立つことが辛く、
つえをついたりカートなどを使って
前かがみになることで、歩行が楽になるのも
この病気の特徴です。

脊柱管狭窄症は比較的高齢の方に多い病気ですので、
腰痛があっても年齢のせいと思われがちですが、
きちんと直すことで痛みが軽減されますので、
あきらめずに治療することが大切です。

脊柱管狭窄症は、通っている神経のうち
どの部分が圧迫されているかによって
現れる容体が異なります。

脊柱管が狭くなってしまう原因はいくつかあります。
生まれついて脊柱管が狭い先天性のものもあれば、
椎間板ヘルニアなどが原因の後天性の場合もあります。

脊柱管狭窄症の治療には、保存療法、薬物療法、
理学療法、装具療法、神経ブロック、硬膜外ブロック等の
治療方法があります。

排せつ障害が起こるほどの重症の場合には、
外科手術が行われることもありますが、
多くの場合、保存療法が採用されます。

保存療法では、体勢をよくしたり
運動を取り入れたりする方法等で腰痛の改善をはかります。
それと併せて、痛み止めの内服や、湿布などの外用薬の処方、
患部を温めたり超音波や索引により症状の緩和を図る
理学療法等も行われることがあります。
容体によっては固定具などで固定する装具療法や、
痛みが各所に伝わるのを防ぐ神経ブロックと呼ばれる注射をしたり、
一時的に腰痛や痺れなどを軽減させる局所麻酔薬の注射などを
おこなうこともあります。

治療と共に、脊柱管狭窄症の痛みを和らげるよう、
日常生活でも気をつけましょう。

負担をかける姿勢を防いだり、軽い運動を日課にしたり、
肥満にならないよう適切な食事管理をしたりすることで、
随分と状態が良くなることが多いです。
長く同じ姿勢を続けたり、腰をひねったりしないように
心掛けましょう。

また、少し前傾ポーズをとることで、痛みは和らぎます。
寝る時も、腰が反らないよう仰向けで寝ることを避けましょう。
どうしてもあお向けでないと寝つけないという方は、
クッションや折りたたんだバスタオルをひざの下に入れると、
腰の負担を軽くすることができます。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:脊柱管狭窄症 脊柱管狭窄症の原因 脊柱管狭窄症と間欠跛行 間欠跛行 保存療法 脊柱管狭窄症と薬物療法 理学療法 神経ブロック 
| 腰痛 | 編集 |
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.