網膜静脈閉塞症の症状と治療法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
網膜静脈閉塞症とは、網膜の静脈が
せき止められている状態をいいます。

網膜の静脈がせき止められると、
行き場を失った血液が血管外へ漏れ出し、
網膜出血や網膜浮腫をきたします。

網膜の静脈がせき止められる原因は
動脈硬化が多く、緑内障(眼圧異常者)、
糖尿病、高血圧、血液疾患を患っている人に多いです。


■網膜静脈閉塞症の症状

網膜静脈閉塞症の主な症状には、
飛蚊症や眼痛、霧視感(かすんで見えにくくなること)、
上あるいは下が見えなくなる視野障害、
物がゆがんだり曲がって見える変視症などがあります。

また、視力低下も見られ、急に視力が低下した後、
徐々に悪化します。

ただし、黄斑部に出血や浮腫がなければ、
無症状のこともあります。

視神経乳頭部で閉塞した場合を
網膜中心静脈閉塞症といい、
枝分かれした部位で起こると、
網膜静脈分岐閉塞症といいます。

それぞれで、若干症状が異なります。


<網膜中心静脈閉塞症(CRVO)>

主幹静脈が閉塞するため、
血流は網膜全域にわたって悪くなります。

視力低下の程度は若年者の場合は様々ですが、
年長者の場合はしばしば高度になります。


<網膜静脈分枝閉塞症(BRVO)>
静脈の分枝が閉塞するため、
その分枝が受け持つ領域のみが障害を受けます。

視力低下は様々ですが、
一般的に、網膜中心静脈閉塞症よりは軽度です。


■網膜静脈閉塞症の治療

網膜静脈閉塞症の根本的な治療法はありません。

硝子体出血や血管新生緑内障の予防のために
レーザー光凝固を行います。
網膜の出血や浮腫が早期に吸収されると、
視力は改善します。

逆に、いったん硝子体出血や血管新生緑内障が
起こってしまうと、レーザー治療では効果がありません。

網膜静脈閉塞症の根本原因は、高血圧や動脈硬化、
糖尿病などであることが多いため、
内科的治療を要することが多いです。

網膜静脈閉塞症には、発症前の自覚症状はありませんが、
予兆として、眼底検査で確認できる動静脈交叉現象が
みられます。
高血圧や糖尿病の方は、定期的に
眼底検査を受けるようにしましょう。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。