糖尿病網膜症の症状と治療法

糖尿病網膜症は、糖尿病の合併症の一つです。
血糖値のコントロールが不十分で、
罹病期間が長くなると生じやすくなります。

糖尿病網膜症は、網膜血管が障害され、
眼底出血や網膜浮腫をきたし、
最終的には網膜はく離を起こして失明に
至ることもあります。

中途失明の原因の第1位でもあります。


■糖尿病網膜症の症状

網膜血管が障害されると、最初に、
毛細血管瘤とよばれるこぶが現れます。

次に、血液中の脂質やたんぱく質が血管の外へ
漏れ出して網膜に沈着する硬性白斑や、
網膜が腫れたりする網膜浮腫が起こったり、
点状やしみ状の網膜出血が現れます。

しかし、網膜浮腫が、網膜の中心部の
黄斑部と呼ばれる部分に起これば、
糖尿病黄斑症とよばれ、視力低下の自覚症状が
ありますが、それ以外の場所に起これば、
自覚症状がないため、発見が遅れる場合があります。

さらに網膜血管の障害が進行すると、
次に血管閉塞が起こってきます。

血管閉塞の範囲が広がってくると、
網膜へ供給される血液の量が減りますので、
新しく血管が生えてきて(新生血管)、
増殖糖尿病網膜症と呼ばれる病状になります。

新生血管はもろくて破れやすいため、
出血しやすいです。

出血が硝子体に起こると、突然黒い点や
もやもやとした濁りが見えるようになり、
飛蚊症が現れたり、悪化したりします。

硝子体に出血する硝子体出血が大量に起こると、
全く目が見えなくなることもあります。

また、新生血管は増殖膜を伴い、
網膜の上にべったりとくっついて生えてきますが、
増殖膜が収縮することにより網膜を引っ張り、
網膜はく離を引き起こすこともあります。

網膜はく離が、網膜の中心部の黄斑部で起こると、
極度に視力が低脚増す。

また、新生血管が虹彩や隅角に現れる事もありますが、
その場合は難治性の血管新生緑内障という
緑内障になり、失明します。
さらに、眼圧が高くなるため、痛みも伴います。


■糖尿病網膜症の治療法

網膜の中心部に網膜浮腫が起こる、
糖尿病黄斑症の場合は、毛細血管瘤に対して
レーザー光凝固を行います。

さらに病状が進み、血管閉塞部が現れたら、
新生血管の発生予防のために、
血管閉塞部にレーザー光凝固を行います。

ただし、レーザー光凝固は網膜を焼きつぶす治療ですので、
広範囲に行うと、視力障害が起こる可能性があります。

自覚症状が現れてから治療を開始しても、
思うような効果が上がらなかったり、
手遅れの場合もあるので、糖尿病の方は、
血糖値のコントロールをしっかりすることが
何よりの予防になります。

そして、自覚症状がなくても、定期的に眼底検査を行うことが
早期発見、早期治療のためには、とても重要です。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.