大腸がんの兆候とポリープ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
大腸ガンの兆候には、繰り返す便秘と下痢があります。
便秘や下痢は、よくある症状ですから見過ごされがちですが、
大腸がんでなくても、ポリープができている場合があるので、
何度も繰り返す便秘と下痢は要注意です。

大腸の中にガンやポリープが出来ていると、
その部分が狭くなり、便が通過しにくくなるため便秘になります。

ひどくなると、下剤でも排便が難しくなることがあります。
便秘によって硬くなった便により腸内に傷ができて、
血便となることもあります。

大腸ガンの症状には血便がありますが、
血便もまた、痔などと紛らわしいものです。

痔は大腸がんと同じように、排便時に痛みがあったり、
出血があるので、痔だと思って放置しているうちに
大腸がんが進行してしまうこともあります。

痔と大腸がんの出血の違いですが、
痔では血は主に便の表面にのみ付着していますが、
大腸がんでは便に血が混在した状態で排泄されます。

といっても、便の内部まで見るのは大変です。
たとえ見たとしても、血液は時間と共に
赤黒くなっているので、便の内部に血液が混じっているのか
肉眼で判別するのは素人には難しいところもあります。

痔だとしても、治療は必要です。
便や肛門に異常を感じたら、まず医者に診てもらうのが
間違いないでしょう。

大腸ガンの検査を受けると、「ポリープ」と
診断されることがあります。
ポリープとは、いぼ状の突起物のことです。
その中にはガンであるもの(悪性ポリープ)も、
ガンでないもの(良性ポリープ)も含まれています。

ポリープは、腫瘍とそれ以外のポリープ(非腫瘍性ポリープ)に
大別されます。

非腫瘍性ポリープは、癌になりません。
一方、腫瘍性ポリープには良性と悪性があり、
悪性は癌ですが、良性もガンに変わる可能性があります。

ポリープの数が多かったり、
検査するたびにポリープが大きくなったりする場合は
ポリープがガン化する可能性が高いといえますので、
ポリープが見つかった場合、内視鏡で切除することが多いです。

ポリープが出来てから時間がたてばたつほどガン化の危険が
増大しますし、家系的にポリープが遺伝的にできやすい方も
ポリープがガン化する危険が非常に高いです。

良性だからと安心せず、
定期的な検診で気を配る必要があります。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:大腸癌 大腸ガン 大腸がん 大腸ポリープ 良性ポリープ 悪性ポリープ 血便 大腸ガン血便 大腸癌血便 大腸がん血便 
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。