病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ その他の病気 ≫ 虫垂炎・腸重積と普通の腹痛の見分け方 【子どもの病気】

虫垂炎・腸重積と普通の腹痛の見分け方 【子どもの病気】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
子どもはよく腹痛を訴えるものです。
大抵はウイルス性の胃腸炎など、心配のないものですが、
あまりにも痛がると、虫垂炎や腸重積ではないかと
不安になりますよね。

慌てて医者に連れて行ったら、そのころには
ケロッとして全然痛がらなかったり…

心配のない腹痛と、虫垂炎や腸重積の腹痛の
見分け方をご紹介します。


■心配のない腹痛

子どもの腹痛の多くはウイルス性胃腸炎による腹痛です。
ウイルス性胃腸炎は、ロタウイルス腸炎に代表されるように
冬場に嘔吐や下痢を伴うことが多いです。

また、お腹にガスがたまって痛くなることも多いです。
こちらの方は、さすったり温めたりしていると、
ガスが散って痛みが治まっていきます。

大人でも、お腹が痛いときはさすったり温めたりしているうちに
症状が軽くなりますよね?

子どもが腹痛をうったえても、しばらく様子を見てみて、
痛がったり、痛くなくなったり、と、痛みが間欠的です。

数時間も途切れずに痛みが続き、痛みが強くなっていく
ような腹痛でなければ、特に心配はないでしょう。
(腸重積の間欠的な痛みについては、後で述べます)


■急性虫垂炎の痛み

急性虫垂炎は、”盲腸”とも言われているように、
盲腸の先端にある虫垂の中に便や異物などが入り込んで、
細菌感染を起こし、炎症を起こす病気です。

虫垂炎というと右下腹が痛くなるというイメージが
あるかもしれませんが、始めは上腹部やオヘソの周りが
痛くなり、次第に右下腹部へ移行していきます。

食欲不振、吐き気、嘔吐、微熱などを伴い、
発症後数時間で、右の下腹部を押すと
強い痛みを感じるようになります。

小さな子供の場合、痛みをうまく伝えられないことが多いですが、
機嫌が悪くなったり、食欲が落ちるといった症状になります。

ウイルス性胃腸炎などの腹痛との違いは、
痛みが途切れることなく続くことです。

幸い、虫垂炎は2歳以下の子どもにはほとんど見られないため、
ある程度痛みを伝えられる歳になっていることが多いでしょう。

まだ言葉でうまく伝えられない小さな子どもの場合は、
足を縮め、背中を丸めて横向きに寝て、痛みに耐えている
ようであれば、かなり痛いはずですので、
すぐに医者にかかるようにしましょう。


■腸重積の痛み

腸重積(ちょうじゅうせき)は、腸が自分の腸の中に
めりこんでいき、つまった状態になる病気です。

生後3ヵ月~10ヵ月の赤ちゃんに多く、
最悪の場合は死に至るため、
赤ちゃんがお腹が痛い様子を見せると、
とても心配になりますよね。

このくらいの赤ちゃんだと、もちろん痛みの程度を
うったえることができないため、赤ちゃんが
泣く様子で判断するしかありません。

突然苦しそうに泣き始め、しばらくすると
ケロッとして何でもなさそうにした後、また泣き始め、
これを繰り返しているうちにどんどん苦しそうになり、
顔色が悪くなってきます。

泣き方は、”火をつけたよう”に、激しいものです。

顔色は、普通は泣いているときは真っ赤な顔を
するものですが、腸重積では、具合が悪そうに
白い顔をしながら泣いています。

それに加え、血便が出たら、腸重積に間違いありません。
粘液と共に、イチゴゼリーのような血便が出ます。

ただ、血便は腸の粘膜が痛んでくるため起きるので、
できれば血便が出る前に気づいて、医療機関に
罹ることができればいいですね。

診断が早ければ、すぐに治療ができ、
元気になります。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。