結膜下出血の症状と治療法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
結膜下出血とは、名前の通り結膜の下の血管が破れて
出血したもので、白目が赤く染まります。
結膜全体が赤くなることもありますし、
一部だけの場合もあります。


■結膜下出血の症状

結膜下出血は、白目が赤く染まるため、
見た目に非常にインパクトがありますが、
多少目がゴロゴロすることがあるものの、
痛みや目ヤニ、視力や視野の異常などの
症状はありません。

逆に、白目の出血以外の症状を伴う場合は、
急性結膜炎など、その他の病気が疑われます。

通常出血は1~2週間ほどで自然に吸収されますが、
まれに2~3ヶ月かかることもあります。
いずれにせよ、何もしなくても自然に吸収されるため、
ほとんどの場合は心配ありません。

蒸しタオルで目を温めると、吸収が促進できます。

結膜下出血が頻繁に繰り返す場合には、
動脈硬化や高血圧、糖尿病など、出血しやす
い全身性の病気が潜んでいることもありますので、
内科で検査を受けることをお勧めします。


■結膜下出血の原因

結膜下出血は、原因がはっきりしないことが多いのですが、
お酒の飲み過ぎやくしゃみ、咳といった
ちょっとしたきっかけで起こることもあります。

しかし、思い当たる誘因がない場合が多いです。

尖ったものや金属片などで眼外傷をうけたり、
ボールが当たったり転んだりして眼球の
最も弱い部分が外傷を受けた時など(穿孔性眼外傷)にも
結膜下出血が起こることがあります。

眼外傷が原因で結膜下出血が起こった場合は、
すぐに治療が必要です。
また、眼外傷が原因の結膜下出血が長引く場合は、
必ず精密検査を受けるようにしましょう。


■出血と充血の違い

「目が赤くなる」と一口に言っても、出血と充血は違います。

出血は、血管が破れて血液が外に漏れ出ているもので、
血管の形は見えません。

一方、充血は血管の中の血液がうっ血して血管が拡張したもので、
血管の形が見えます。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。