病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ その他の病気 ≫ 眼瞼下垂(がんけんかすい)の症状と治療法

眼瞼下垂(がんけんかすい)の症状と治療法

眼瞼下垂は、上の瞼(まぶた)がきちんと持ち上がらず、
垂れ下がってきて、目が開きづらくなる病気です。

生まれつきの場合(先天性眼瞼下垂)と、
後から起こる場合(後天性眼瞼下垂)があります。


■先天性眼瞼下垂

うまれつき、上眼瞼挙筋というまぶたを持ち上げる筋肉が
弱いために起こります。

片眼だけ起こることが多いですが、両目に起こることもあります。
遺伝することも度々あります。

症状が強い場合、垂れ下がったまぶたによって視野が狭くなり、
視力の発達に影響が出ることもあります。


■後天性眼瞼下垂

後天性の眼瞼下垂には、いくつかの原因が考えられます。

最も多いのが加齢による「老人性眼瞼下垂」です。
これは、加齢のために上まぶたを持ち上げる筋肉(上眼瞼挙筋)が
ゆるむために起こるものです。

その他にも、眼の手術後や、脳梗塞などの病気の後に
起こる場合、重症筋無力症などが原因で起こる場合があります。

最近では、コンタクトレンズの長期使用が原因の眼瞼下垂が
増えてきています。

コンタクトレンズを着脱する際、まぶたを引っ張りますが、
この動作により、上まぶたを持ち上げる筋肉である上眼瞼挙筋と
瞼板と呼ばれる組織のつながりが緩くなり、
眼瞼下垂になりやすくなるのです。

コンタクトレンズを長期間使用するほど発症リスクは高くなり、
3年以上使用している人が発症しやすいといわれています。


■眼瞼下垂の症状

眼瞼下垂の主な症状は、上のまぶたが垂れ下がることにより
視野が狭くなることですが、この症状に伴い、
様々な副次的な症状が現れます。

まず、上の視野が狭くなるため、物を見るときにあごを上げたり、
眉毛を上げたり、額にしわを寄せるようになります。

このように不自然な動作を行ったり、ストレスなどから、
肩がこったり、頭痛や肩こりを訴える方が多いです。
人によっては、瞼が重いと感じる方もいます。


■眼瞼下垂の治療法

眼瞼下垂の治療は、手術療法が中心です。

挙筋前転法、挙筋短縮法、経結膜的眼瞼挙筋短縮術、
上眼瞼吊り上げ術、埋没法、上眼瞼切開法など、
様々な手術法があります。

それぞれメリット・デメリットがありますので、
主治医と良く話し合って、選択されるとよいと思います。

眼瞼下垂になると眠そうに見え、見た目が悪いですし、
どうしても老けて見られます。

そのため、最近では、美容外科でも眼瞼下垂の手術を
するところが増えています。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.