病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ その他の病気 ≫ 霰粒腫(ものもらい)の症状と治療法

霰粒腫(ものもらい)の症状と治療法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
霰粒腫(さんりゅうしゅ)は、化膿性霰粒腫、麦粒腫(ばくりゅうしゅ)
とともに、いわゆる”ものもらい”と呼ばれる病気の一つです。

私たちの目の表面は、涙の膜に覆われていますが、
乾燥を防ぐために、その上層には油の膜があります。

この油を出す組織を「マイボーム腺」というのですが、
このマイボーム腺の出口が詰まって、しこりができる病気が
霰粒腫です。


■霰粒腫の症状

霰粒腫になると、マイボーム腺に炎症が起きて、
肉芽腫と呼ばれるコロコロとした肉のかたまり(腫瘤)ができ、
まぶたが腫れます。
徐々に大きくなる場合と、急激に大きくなる場合があります。

痛みや異物感、目やになどはないことが多いですが、
急激に腫れが大きくなる症状の場合は、
目が圧迫されて痛みがある場合もあります。

また、目が赤くなることもあります。


■霰粒腫の原因

霰粒腫の原因としては、マイボーム腺分泌物の排泄がうまくいかず、
まぶたの内で袋状のカプセルの中にたまったものです。

疲れが溜まるとできやすいようです。
これは、疲れると目をこすることが多いためと、考えられています。


■霰粒腫の治療法

原因がはっきりしている場合はそれを取り除き、
点眼・軟膏・内服剤など で治療を行うことが多いです。

霰粒腫にかかりやすい方の場合、まぶたを清潔にしておくと
再発を防ぐ効果があります。
また、不規則な生活や寝不足、大量の飲酒やストレスにより
かかりやすい病気ですので、これらの要因を取り除くことも大切です。

腫瘍が小さければ特に治療を行わなくても
自然に吸収されることもありますが、
特に高齢者の場合、悪性腫瘍のこともありますので、
眼科をきちんと受診した方がよいでしょう。


《目薬や軟膏による治療》

細菌が増殖しないように、点眼薬や軟膏をつけます。


《トリアムシノロン(商品名ケナコルト)の注射による治療》

トリアムシノロン(商品名ケナコルト)というステロイド剤を注射します。
注射した日から赤みがどんどん引いていきます。
若干芯が残ることはありますが、見た目には全く分からない
ことが多いです。

注射をしてから、2週間~1ヶ月程度できれいになります。

しかし、残念ながら治癒率は80%ですので、逆に言えば、
20%の人には効かないことになります。

また、注射により1週間程度内出血でまぶたが黒く
なってしまう方もいます。

逆に、注射液が油と反応する際、まぶたが局所的に
白くなる場合もあります。
こちらは、取れるまで数ヶ月かかることがあります。


《手術による治療》

まぶたを切開し、中身を出してしまいます。
一番確実に霰粒腫を直す治療法ですが、
手術後は赤みや腫れが1週間くらい続きます。


霰粒腫の程度にもよりますが、それぞれの治療法の
長所と短所をしっかりご理解した上で、主治医と良くご相談し、
治療法を選択してください。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。