病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ その他の病気 ≫ 麦粒腫(ものもらい)の症状と治療法

麦粒腫(ものもらい)の症状と治療法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
麦粒腫は俗に「ものもらい」「めばちこ」「め(い)ぼ」「めっぱ」
などと呼ばれ、細菌感染により、まぶたの一部が腫れ、
痛みがあります。


■麦粒腫の症状

麦粒腫になると、まぶたに炎症や化膿が起こります。
初期は軽い痛みやかゆみを伴う程度ですが、
炎症が強くなってくると、赤みや腫れ、痛みが
強くなります。

目やにや涙、まぶしさなどを伴うこともあります。
炎症が広がると、白目も赤くなります。

やがて腫れていた部分が膿を持ち、
白っぽいできものとなります。

まぶたの外側やまつげの毛根、汗腺などに
感染して炎症を起こすものを”外麦粒腫”といい、
まぶたの内側や、まぶたの内側にある
”マイボーム腺”と呼ばれる部分に感染したものを
”内麦粒腫”といいます。


■麦粒腫の原因

麦粒腫の原因は細菌感染によるもので、
原因となる菌は、黄色ブドウ球菌がほとんどです。


■麦粒腫の治療方法

清潔に保っていれば、腫れた部分が自然に破れて
膿が出て、そのまま治ります。
まぶたを冷やすと腫れが引き、痛みも和らぎます。
お酒はひかえた方がよいでしょう。

医療機関にかかった場合は、
抗生物質の点眼薬が処方されます。
症状が強いときには、内服薬も併用されます。

化膿が進んだ場合は、切開して膿を出すこともあります。

また、まれにまぶた全体や眼球周囲にまで炎症が広がって
膿がたまり、眼瞼膿瘍(がんけんのうよう)や、
眼窩蜂巣織炎(がんかほうそうしきえん)という
状態になることがあります。


■麦粒腫以外のものもらい

”ものもらい”には、麦粒腫 以外にも霰粒腫(さんりゅうしゅ)や
化膿性霰粒腫(かのうせいさんりゅうしゅ)があります。

それぞれの違いを簡単にまとめました。


・霰粒腫(さんりゅうしゅ)
 最も一般的な”ものもらい”で、まぶたが腫れます。
 痛みがある場合が多いですが、痛みがない場合もあります。
 目やにが多く出ることもあります。


・化膿性霰粒腫(かのうせいさんりゅうしゅ)
 霰粒腫に比べて、強い痛みとまぶたの腫れがあり、
 まぶたを開けるのがやっと、ということもあります。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。