加齢黄斑変性の原因と予防

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
加齢黄斑変性の原因は、はっきりとは分かっていませんが、
加齢が大きな要因であることは間違いありません。
50歳以上から発症し、加齢に伴い増加します。
また、男性は女性の約3倍の頻度で見られます。

加齢黄斑変性の発症を促す因子は、
次のような要因が考えられます。


■加齢黄斑変性の発症を促す因子

○年齢
 70歳以上の高齢者に多く見られます。

○遺伝的要因
 加齢黄斑変性は、家族内で発症したり、
 双子で発症したりする事が報告されているため、
 遺伝的な要因があると考えられています。
 ただし、すべての患者さんで証明されている
 わけではありません。
 しかし、血縁者に加齢黄斑変性になった人がいる方は、
 検診などを心掛けましょう。

○喫煙
 喫煙も危険率が高くなると考えられています。

○栄養の偏り
 野菜に多く含まれる抗酸化ビタミン摂取量が少ないと、
 加齢黄斑変性が起こりやすいといわれています。
 以前は少なかった日本の患者数が、欧米なみに
 増えてきた一つの要因として、食生活の欧米化が
 上げられています。

○太陽光、血圧、体重
 これらの関連性も報告されていますが、
 否定的な報告もあり、まだよく分かっていません。


■加齢黄斑変性の予防

○禁煙
 喫煙している人は、加齢黄斑変性になる危険性が
 高いことが分かっています。
 喫煙は加齢黄斑変性だけでなく、呼吸器や循環器を
 はじめとして体に様々な悪影響を及ぼすため、
 禁煙が勧められます。

○食事
 野菜に多く含まれる抗酸化ビタミン摂取量が少ないと、
 加齢黄斑変性が起こりやすいといわれています。
 脂肪分の多い食事はなるべく避け、
 野菜を多く取り入れるように心がけましょう。
 ビタミンC、ビタミンE、βカロチン、亜鉛などを含んだ
 サプリメントを飲むと、加齢黄斑変性の発症が
 少なくなることが分かっているため、
 これらのサプリメントを利用してもよいでしょう。

○日光に気をつける
 日光など強い光を目に浴びると、光によって発生する
 活性酸素が目の老化を促進してしまいます。
 帽子やサングラスなどで、目を保護すると良いでしょう。

○定期健診を欠かさない
 50歳以上になったら、自覚症状がなくても
 定期的に眼底検査を受けるとよいでしょう。
 特に、加齢黄斑変性と診断された方は、
 知らないうちに病気が進行している場合もあるため、
 定期健診は欠かせません。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。