加齢黄斑変性のタイプ別の症状

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
黄斑とは、網膜の中心部にある直径1.5mmほどの
視細胞が集中している部分で、物を見るときに
最も大切な働きをする部分です。

加齢黄斑変性とは、この黄斑が加齢に伴って
様々な障害が起きる病気です。

視力にとって最も大切な黄斑に障害が起こるため、
病気が進行すると、視力低下が起こります。
特に、黄斑部の中心の”中心窩"とよばれる部分に
障害が及ぶと、視力への影響が大きくなります。

”加齢黄斑変性”といわれるように、
加齢が関わっているため、加齢黄斑変性にかかるのは
50歳代以上とされていますが、遺伝的要因や環境、
喫煙、カロチノイド不足なども原因として関わっている
のではないかといわれています。

日本ではあまりなじみのない病気でしたが、
超高齢化社会になるにつれ、患者が増えてきました。
欧米での中途失明の原因の2位となっている病気のため、
十分な注意が必要です。


■加齢黄斑変性の2つのタイプと症状

加齢黄斑変性には、滲出型と萎縮型の
2つのタイプがあります。

《滲出型》
その名の通り水がにじみ出てきて(滲出)、
黄斑に障害が生じるタイ プです。

網膜と脈絡膜の間にある網膜色素上皮細胞という細胞では、
老廃物を処理する働きを担っていますが、
加齢により老廃物の処理が滞ると、老廃物が溜まってきます。

この溜まった老廃物に刺激されて、脈絡膜から新しい
異常な血管が発生します。
この血管は弱く、もろいため、血液成分が漏れ出たり、
破れて出血やむくみが起こり、これが視力障害の原因となります。

進行が早く、急激に視力が失われる恐れがあるため、
早めの治療が必要になります。

”ウェットタイプ”と呼ばれることもあります。


《萎縮型》

萎縮型は徐々に黄斑組織が傷んで死んでいくタイプです。
加齢により老廃物が溜まり、徐々に栄養不足になって
黄斑の細胞が死んでしまいます。
”ドライタイプ”ともよばれます。

治療法はありませんが、進行が遅いため、
あまり心配する必要はありません。

ただし、萎縮型と思っていても、時間の経過と共に
新生血管が発生して滲出型になる場合もあるので、
定期的に検診を受けるようにしましょう。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。