病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ その他の病気 ≫ WBC(白血球数)/白血球分画 |検査値の見方 【検査値ガイド】

WBC(白血球数)/白血球分画 |検査値の見方 【検査値ガイド】

WBC(白血球数)や白血球分画により、
感染症や炎症、血液疾患、造血機能の異常を
推測することができます。

白血球は血液の成分の一つで、
細菌などの異物の進入に対抗して
身体を守る働きをしています。

細菌などの異物が入ってくると、
白血球数が増加し、異物を自らの中に
取り込んで無害化します。

そのため、感染症や炎症、血液疾患などに
かかっていると、白血球数が増えます。
その他にも、喫煙、激しい運動、入浴、食事、
ストレスなどが原因で増加する場合もあります。

また、骨髄の機能低下や、古くなった白血球を
壊す脾臓の働きが異常に亢進している場合は、
白血球数が少なくなります。

白血球数の正常値は、年齢によって異なります。
成人男性は3700~9700/μl、
成人女性は3500~8200/μlですが、
新生児や幼児は成人よりかなり多めです。

白血球数が基準より多い場合は、
感染症、炎症(関節リウマチ、痛風)、
組織崩壊性疾患(急性心筋梗塞、やけど、手術など)、
血液疾患(白血病、真性多血症など)、
薬剤投与時(副腎皮質ステロイド薬など)などが
考えられます。

逆に白血球数が基準より少ない場合は、
再生不良性貧血、悪性貧血、白血病、重症感染症、
薬剤副作用などが考えられます。

白血球数が少ない場合、白血球数の約半分は
肝、脾、肺などに蓄えられているため、
見かけ上だけが少ないこともあるため、
白血球分画という精密な検査が必要です。

白血球は5種類(好中球、リンパ球、単球、好酸球、
好塩基球)あり、それらの総称として一般的に
”白血球”と呼んでいます。
この5種類の白血球を白血球分画といいます。

5種類の分画には、それぞれ異なる役割があり、
異常の種類によってそれに対抗する分画の数だけが
増減するため、分画の割合を調べることにより、
異常の種類が分かります。

白血球分画の基準値は、下記のとおりです。

好中球(棹状核球)…3~10%
好中球(分葉核球)…40~70%
リンパ球…20~45%
単球…3~7%
好酸球…0(+)~5%
好塩基球…0~2%


好中球(Neu)は急性の炎症に最も早く反応します。
細菌感染症、リウマチ熱、白血病、急性中毒、
外傷、慢性骨髄性白血病、心筋梗塞などで増加し、
ウイルス感染症、抗がん剤投与、腸チフス、
敗血症などで減少します。

リンパ球(Ly)は免疫の役割を担っていて、
伝染性単核症、アレルギー性疾患、ウイルス感染症、
慢性リンパ性白血病、甲状腺機能亢進症、
副腎の病気で増加し、免疫不全症候群、放射線照射、
悪性リンパ腫、がん、白血病で減少します。

単球(Mo)は好中球が食べ遺した細菌の後始末や、
異物を取り込む働きをします。
感染症、骨髄単球性白血病、結核、梅毒、
はしか(麻疹)などで増加し、悪性貧血で減少します。

好酸球(Eo)はアレルギー性疾患(気管支喘息、花粉症、
蕁麻疹)、寄生虫病、ホジキン病などで増加し、
腸チフス、クッシング症候群などで減少します。

最も数が少ない好塩基球(Ba)は、
甲状腺機能低下症、慢性骨髄白血病などで増加します。


健康診断で白血球数の増加を指摘された人の多くは
喫煙によるものです。
喫煙は、非常に身体に負担をかける行為であることが、
検査結果からも分かると思います。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.