排尿痛の原因と治療法

排尿するときに痛みを伴うことがあります。
原因は、尿道に発生した炎症や結石、
腫瘍などが考えられます。

痛みの性質により、鈍痛(にぶく重苦しい痛み)と、
疼痛(とうつう、ずきずき痛むこと)などに分類されます。

また、排尿との関係により、下記のように分類されます。
①初期排尿痛:排尿開始直後の痛み
②終末期排尿痛:排尿が終わりに近づいてくると痛む場合
③全排尿痛:排尿中ずっと痛む場合

どのような痛みかを意識し、
的確に医師に伝えることで
正しい診断につながり、
適切な治療を受けることができます。


■排尿痛の原因疾患

○風邪や疲れ、ストレスなどによる免疫力の低下

風邪を引いたり、疲れやストレスにさらされると、
免疫力が低下します。

そうすると、細菌などが体内に侵入しやすくなり、
炎症をもたらすことがあります。

尿道に炎症が起こると、排尿痛を引き起こす
ことがあります。


○クラミジアの感染

性感染症(STD)の一つであるクラミジアに感染すると、
性器や尿の通り道に炎症を起こし、
男性では急性尿道炎を起こして、
排尿時に痛みや焼け付くような熱感を引き起こす
ことがあります。


○急性膀胱炎

既にふれたとおり、風邪や疲れ、ストレスなどにより
免疫力が低下すると、細菌に感染しやすくなります。
膀胱内に細菌が侵入して炎症を起こすのが、
膀胱炎です。

膀胱炎になるとトイレが近くなり、
排尿が終わるころに痛みを感じたり、
尿が濁ったり、血尿が出たりします。

膀胱炎は女性に多く、再発しやすい病気です。
慢性化すると、尿が溜まるだけで痛みが生じたり、
排尿の間中ずっと痛みを感じるようになります。

膀胱炎は、性交渉により感染することもあります。


○前立腺炎

尿道から大腸菌やブドウ球菌が侵入し、
前立腺に炎症を起こす病気です。
前立腺ですから男性のみの疾患で、
20~30代の若年層に多いことが特徴です。

初期のうちは、尿の出始めに軽い痛みを感じる程度ですが、
炎症が強くなると痛みが増します。
また、頻尿や残尿感もあります。

前立腺炎が進行すると、前立腺肥大症に
移行することもあります。



○尿管結石

シュウ酸や尿酸などの塩類が石のように固まって
尿管に留まる疾患です。

尿の流れに乗って移動した結石が、
尿の通り道を傷つけるため、
尿が出終わるころに強い痛みを感じます。

突然発症し、激痛や冷や汗、吐き気、嘔吐を
ともなうこともあります。

尿管結石になると、トイレに行く回数ガ増え、
排尿に時間がかかる上、残尿感もあり、
尿がにごることもあります。


○尿道炎

尿道炎はその構造上、男性に多くみられる疾患です。

原因のほとんどは性行為による淋菌や
クラミジア菌などの感染で、
尿道に急性の炎症を起こします。

淋菌の感染では尿の出始めに焼け付くような強い痛があり、
尿に黄色い膿が混じります。

クラミジア菌の感染では、尿の出始めに軽い痛みや
しみる感じがあり、淡黄色や白色の膿が少量排泄されて
尿がにごります。

尿道炎は重症化すると、全く排尿できなくなる
尿道狭窄の原因にもなるので注意が必要です。


○腎盂腎炎(じんうじんえん)

腎臓や腎盂(じんう、腎臓の中心部にある組織)が
細菌に感染して起こります。

腎盂腎炎では、排尿が終わるころや、排尿の間
ずっと痛みを感じます。
また、尿中の白血球が増えるため、尿が濁ります。

その他の症状として、高熱や血尿、腰痛、吐き気、
嘔吐などがあらわれます。

主な原因は下半身の冷えによるものです。
そのため、女性に多い疾患です。


○尿道狭窄(きょうさく)症

尿道の内側が狭くなるために尿が出にくくなる疾患です。

手術や検査などで尿道にカテーテルや内視鏡を
挿入することで尿道を傷つけてしまうために
尿道狭窄症になる場合が多いです。

尿道狭窄症では、排尿の間ずっと痛みを感じ、
尿が細くなります。

進行すると、まったく排尿できなくなることもあるため、
注意が必要です。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.