病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ その他の病気 ≫ 骨粗しょう症の予防! 丈夫な骨と筋肉を作る”年代別ポイント”

骨粗しょう症の予防! 丈夫な骨と筋肉を作る”年代別ポイント”

【思春期~20代】
思春期は、骨量と筋肉量が最も増える時期です。

思春期になると骨の伸びは止まりますが、
女子は小学5年生頃から骨量が充実し始めます。
しかしこの時期は短く、高校2年生頃に
ピークに達し、後は減少し始めます。

この時期には、無理なダイエットは控えましょう。
食事量が減ると、骨の成長に必要な栄養素が
減るだけでなく、体重が減ることにより、
骨にかかる負荷が少なくなり、十分な骨の形成が
行われなくなります。

この時期にしっかりと骨量を確保することで、
骨粗しょう症予防につながります。


【30~40代】
骨量や筋肉量が比較的安定しているこの時期は、
思春期~20代に増やした骨量や筋肉量を
減らさないようにしましょう。

不規則な食事やアルコールの取りすぎは
骨の消耗につながりますし、運動不足は
筋肉量の減少を招きます。

妊娠や授乳により体内のカルシウムは
いったんは減ってしまいますが、
出産後には減ったカルシウムを回復させようという
身体のメカニズムが働くため、この時期にしっかりと
カルシウムを補給すれば、人によっては
妊娠前より骨量が増える可能性もあります。

しかし、最近の傾向として、早く体型を戻そうと
出産後にダイエットをする方もいますが、
過度のダイエットは骨量をさらに少なくし、
スカスカの骨にしてしまうので、注意しましょう。


【50代以降】
閉経を迎えると女性ホルモンの分泌が急激に
低下し、いわゆる”更年期”に入ります。

50代以降は、骨量の減少をできる限り抑えることが
最も大切となってきます。

年を重ねると食事量も少なくなるので、
カルシウムやたんぱく質不足になりがちなので、
サプリメントなどで補給してもよいでしょう。

骨量が減ると、骨は弱くなり、ちょっと転んだだけで
骨折しやすくなります。
骨折がきっかけで、要介護や寝たきりになる方も多いので、
簡単に転倒しないように、足の筋肉が衰えないように
気をつけることも大切です。

適度な運動で筋肉量の減少を抑えたり、
バランス感覚を維持するように、体操を取り入れるのも
よいでしょう。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.