病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 大腸がん ≫ 大腸がんの薬物療法[ 抗がん剤を用いた治療]

大腸がんの薬物療法[ 抗がん剤を用いた治療]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
大腸がんが進行し、手術でガンが取りきれない場合や
手術後に再発する可能性が高い場合には、
抗がん剤を用いる薬物療法(化学療法)が行われます。

抗がん剤を点滴や注射、服用することで
がん細胞に作用し、細胞が増殖することを妨げたり、
成長に必要な物質を生成させないように働きかけて
(逆に過剰に創らせるタイプもあります)
大腸がんがこれ以上進行しないようにします。

治療として、あるいは外科治療前に投与させて
患部を小さくするといった、治療のための使用のほか、
延命やQOL(クオリティ.オブ.ライフ 生活の質)の
上昇などの用途にも用いられています。

大腸がんに有効とされる抗がん剤は、
フルオロウラシル、イリノテカン、アイソボリン等があります。
単体で使用されたり、複数が組み合わせられて
用いることもあります。

抗がん剤は優れた薬効があるのですが、反面、
生体にダメージを与えることもあります。
抗がん剤のメリット.デメリットを理解し、
納得した上で大腸がんの治療を受けるようにしましょう。


< 抗がん剤のおもな副作用 >

・食欲がなくなる
・吐き気
・下痢、腹痛
・味覚が変わる
・口内炎ができやすくなる
・体がだるくなる
・手足の皮膚やつめの異常
・手足のしびれ
・めまい
・血液中の白血球が減少して感染症にかかりやすくなる
・貧血
・出血しやすくなる
・血圧が変動する
・抜け毛
関連記事
スポンサードリンク
タグ:大腸ガン 大腸ガン治療 大腸癌 大腸癌治療 大腸がん 大腸がん治療 抗がん剤 大腸癌抗がん剤 大腸がん抗がん剤 
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。