病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ その他の病気 ≫ 飛蚊症|注意が必要なものと、心配がない物の違い

飛蚊症|注意が必要なものと、心配がない物の違い

飛蚊症は、目の前にゴミのような浮遊物が
見える症状です。

蚊が飛んでいるように見えるので”飛蚊症”と
名づけられましたが、人によっては小さなゴミや
糸くず、雲や煙、カエルの卵のようにも
見えたりします。

視線を動かすと一緒についてきます。
白い壁や青空を見たときにはっきり見えることがあり、
真っ暗な所では見えません。
光の加減で白く見えたり黒っぽく見えたり
することもあります。

この浮遊物は、目の中にある硝子体という組織の
濁りです。
硝子体には血管がありませんが、胎児の頃、
眼球が作られる時期には血管が通っています。

その名残が濁りとなって、飛蚊症の症状が
出ることがあります。

そのため、子供のころからある飛蚊症や、
老化や近視でおこるものは、心配のないものが多いです。

しかし、網膜から硝子体がはがれる網膜裂孔や、
網膜の血管が引っ張られて硝子体の中に
出血をする硝子体出血によって起こる飛蚊症は
注意が必要です。

次のような場合は、眼科の診察を受けましょう。

・飛蚊症がいつもより大きい
・飛蚊症の数が突然増えた
・飛蚊症の色がいつもより濃い
・光が走ったり、点滅して見えたり、
 暗いところでも光が見えたりする
・視野が欠けて、見えない部分がある
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.