白内障の症状

白内障のほとんどは、両目に起こりますが、
左右で症状の程度に違いがある場合も
少なくありません。

白内障のチェックをする場合は、
必ず片目を閉じて行います。
両目で行うと、互いに見えにくい部分を補って
しまうので、異常があっても気づきにくくなります。

◎視力の低下
少しずつ細かい字が見えにくくなります。
白内障による視力低下の場合は、
老眼と異なり、メガネをかけてもよく見えません。

◎かすみ目
水晶体の濁りが中心部にまでおよぶと、
目の前に霧がかかったようにぼんやりとしか
見えなくなります。
白内障が進行すると、いっそうぼやけてきます。

◎光がまぶしい
光が水晶体で乱反射するため、明るいところでは
とてもまぶしく感じます。
照明がきらめいて見えたり、夜間 車を運転すると
対向車のライトが気になることもあります。

◎明るいところで物が見えにくい
光の乱反射やまぶしさにより、明るいのにもかかわらず
物が見えにくくなります。

◎暗いところで物が見えにくい
白内障は水晶体が濁って起こる病気のため、
光の入る量が減り、暗いところではより見えづらくなります。

◎物が二重三重に見える
片目で見ると物が二つにも三つにも見えたりします。
ただし、両目で見ても二つに見える場合は、
外眼筋まひが原因の病気の可能性も考えられます。

◎一時的に近くが見えやすくなる
濁りが強くなり、屈折率が高まると、遠くは相変わらず
見えにくいのですが、近くが見えやすくなる場合があります。
老眼がよくなったと誤解する人も多いのですが、
これは一時的な現象で、時間がたつと全体が見えにくくなります。

これらの自覚症状であてはまるものがあったら、
まず眼科を受診しましょう。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.