病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~TOP  ≫ その他の病気 ≫ 瞼裂斑(けんれつはん)の症状と治療法

瞼裂斑(けんれつはん)の症状と治療法

「瞼裂斑(けんれつはん)」とは、角膜が分厚くなり、
白目の部分がしみのように黄色く濁ってしまったものです。
分厚くなったところが瞬きのたびに瞼でこすれたりして
炎症を起こし、「瞼裂斑炎」が起きて頻繁に赤く
充血してしまうので、見た目で悩んでいる方も多くいます。

老化現象の一種でもあるのですが、コンタクトレンズの使用
なども原因となるので、30代の半数以上が発症していると
いわれています。

瞼裂斑になると、赤目になることが多いので、
人から指摘されるのが煩わしかったり、
見た目を気にする人も多いです。

また、炎症部分が盛り上がってくるので、
まばたきの度にまぶたとこすれて、
いつも目がゴロゴロしている人もいます。

視力に障害をきたすことはないので、
通常は放置でもいいのですが、
充血などの炎症症状が気になる場合は、
抗アレルギー剤や非ステロイド系抗炎症剤、
ステロイド剤などを点眼することもあります。

どうしても気になる場合は、手術という方法も
ありますが、結膜は非常にデリケートな部分で、
少しでもいじるとよけいに充血することがあります。

瞼裂斑の手術を行っても、一般的に1割の確率で
手術による充血が残ってしまうので、
リスクをよく理解してから決断するようにしてください。

瞼裂斑の手術は、瞼裂斑を除去し、除去した部分に
きれいな角膜を持ってくる”自己結膜移植”という
方法になります。

費用は、どの医療機関でも、当日の検査や処置、
薬などをすべて含めて、3割負担で3万円程度です。
点眼で麻酔をし、手術自体は10~20分程度で終了で、
入院の必要もありません。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) 病気ガイド ~気になる病気の症状・治療法を簡単解説~. All Rights Reserved.